• ホーム
  • 音楽
  • 『世界番付』美少女ヒッチハイカーIris、4・27歌手デビュー 番組最終回で発表

『世界番付』美少女ヒッチハイカーIris、4・27歌手デビュー 番組最終回で発表

 18日に最終回を迎えた日本テレビ系『なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付』で、昨年11月から日本縦断ヒッチハイクの旅を続けていたマレーシア出身のIris(アイリス)が、4月27日に1stシングル「I love me/good bye」でメジャーデビューすることが決定した。

【写真】その他の写真を見る


 番組の人気コーナーだった『NIPPON優しさ旅』は、歌手を目指して来日したものの、日本語が話せないIrisがヒッチハイクで日本縦断を目指す企画。天真爛漫な性格と、毎回顔をぐしゃぐしゃにして号泣する姿が視聴者の興味をひき、放送のたびに「美少女ヒッチハイカー」としてネットを中心に話題となった。

 番組最終回ではついに沖縄に到着。本島南端の喜屋武岬に向け、ゴール手前2キロ地点からは徒歩でゴールを目指した。道中、お世話になった一人ひとりを思い出しながら涙を流したIrisは、ゴールを迎えた直後、故郷マレーシアから駆けつけた両親に迎えられ、最後の最後まで号泣した。

 VTR終了後、それまでのリュックを背負った姿から一変したIrisがスタジオに初登場。9等身の抜群なスタイルに、レギュラーメンバーは「かわいい!」「スタイルがいい!」と口々に絶賛。すると、本人の口から「Sony Music Labelsからのメジャーデビュー決定」「某化粧品メーカーのテレビCMへの出演決定」という2大ニュースが発表され、スタジオは驚きに包まれた。

 マレー語、北京語、福建語、広東語、英語の5言語を使いこなし、ヒッチハイクの旅を通して日本語も習得したIris。今度は自身の夢を追いかける旅が新たにスタートする。



関連写真

  • 『世界番付』のヒッチハイカー・Irisがメジャーデビュー決定
  • Irisのデビューシングル「I love me/good bye」
  • マレーシア出身の“ヒッチハイカー”Irisがメジャーデビュー決定

オリコントピックス