• ホーム
  • 映画
  • 菅野美穂、出産後初の公の場 アカデミー賞受賞女優に花束贈呈

菅野美穂、出産後初の公の場 アカデミー賞受賞女優に花束贈呈

 女優・菅野美穂(38)が21日、都内で行われた映画『ルーム』(4月8日公開)のジャパンプレミアにゲスト出演。昨年8月、俳優・堺雅人(42)との間に第1子男児を出産後、初めて公の場に登場した。退場時、報道陣から「子育ては順調ですか?」と声をかけられたが、無言のまま立ち去った。

【写真】その他の写真を見る


 イベントには同作で米・アカデミー賞主演女優賞を受賞したブリー・ラーソン(26)と子役のジェイコブ・トレンブレイ(9)が初来日。菅野は2人に花束とバルーンギフトを贈呈した。ある部屋に閉じ込められた母と子の親子愛を描いた作品に菅野は「言葉にできない衝撃と見終わった後の爽快感。力のある映画だと思いました。脱出した後がすごかった」と興奮気味に感想を明かした。

 菅野は「本当の親子に見えました。どうやって関係を作ったのですか?」と質問。ジェイコブは「撮影の前にブリーさんは僕を訪ねてくれて、どうでもいいような話をした。テイクの間は一緒に遊んでいて、小道具を一緒にチェックしたりゲームをしたり…その時、僕がゲームを知らなくて勝手にルールを作っちゃってケンカしました」と反省。これには思わず菅野も「なんてかわいいの! 連れて帰っちゃうぞ!」とメロメロだった。

 アカデミー賞授賞式後、すぐに別仕事に向かったため、受賞後初めてファンの前に登場したブリーは「日本には一度行ってみたかったので、温かい歓迎を受けてとても感動しています」と大喜び。ジェイコブも「いまここに立ってドキドキしています。4歳の時から日本に来たいと思ってました!」と無邪気な笑顔をみせていた。

 昨日、来日したばかりの2人だが、ブリーは「荷物を置いてすぐ、スーパーに向かっておやつをチェックして、ポテトチップスと日本酒を買いました」と日本を満喫。ジェイコブも「日本のおすしを試してみたい。僕が住んでるバンクーバーにもいいおすしはあるけど、ぜひトライしたい」と楽しみにしていた。



関連写真

  • 菅野美穂が出産後初めて公の場に登場 (C)ORICON NewS inc.
  • ブリー・ラーソンらに花束を贈呈 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ルーム』のジャパン・プレミアより (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ルーム』のジャパン・プレミアにブリー・ラーソンと子役のジェイコブ・トレンブレイが登場 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス