• ホーム
  • 芸能
  • ショーンK、涙ながらに初の肉声謝罪「心から申し訳なく思っています」

ショーンK、涙ながらに初の肉声謝罪「心から申し訳なく思っています」

 経歴詐称疑惑で活動自粛中の経営コンサルタント、ショーンKことショーン・マクアードル川上氏(47)が19日、ラジオ局J-WAVEからリスナーにメッセージを寄せた。冒頭から声を震わせ、涙ながらに「ただただ心から申し訳なく思っています」と騒動後初めて肉声で謝罪。同局より番組打ち切りが正式に伝えられた。

 自身がナビゲーターを務めていた『MAKE IT 21』(毎週土曜 後9:00)は、来週分と合わせて放送休止に。同枠は『ザ・ミュージック・スペシャル』に急きょ差し替えられ、その冒頭でメッセージを流した。

 メッセージは約4分間。これまでの思い出を振り返り、リスナーに感謝を伝え、最後に「リスナーの皆さん、関係者の皆さん、愛するスタッフ、本当に、本当にごめんなさい。申し訳ありませんでした。そして長い間、ありがとうございました」とコメントを終えた。

 川上氏は週刊誌の報道をきっかけに学歴や経歴などの詐称が判明。15日に公式サイトで謝罪コメントを発表し、全レギュラー番組の出演自粛を申し出ていた。

 同局もお詫びのコメントを発表し、放送後に番組の公式サイトに改めて掲載。「J-WAVEではショーンKさんからの期限を定めないメディアでの活動停止の報告を受け、協議した結果、今後のMAKE IT 21の放送継続は難しいと判断しました」。

 「このような形で番組が終了してしまうこと、リスナーのみなさま、ならびに関係者のみなさまに心よりお詫び申し上げます。また、ショーンKさんのプロフィールの確認が不十分であったため、みなさまにご迷惑おかけ致しましたことをお詫び申し上げます」としている。



オリコントピックス