• ホーム
  • 音楽
  • キャンディーズ、上映会で一夜限りの“復活” 親衛隊再集結で「38年ぶり」紙テープ投げも

キャンディーズ、上映会で一夜限りの“復活” 親衛隊再集結で「38年ぶり」紙テープ投げも

 1970年代に一世を風靡した3人組アイドルグループ・キャンディーズが1978年4月4日に東京・後楽園球場で開催した解散コンサート『ファイナル・カーニバル』の上映会が18日、東京・赤坂BLITZで開催された。会場には当時から応援していたファン約500人が集結し、一夜限りの“復活”に熱狂した。

【写真】その他の写真を見る


 女優の伊藤蘭(ラン)、2011年に亡くなった田中好子さん(スー)、芸能界を引退した藤村美樹さん(ミキ)からなる3人組。上映会は、昨年11月4日に発売した、解散コンサートで披露した全50曲を収めたDVD5枚組ボックス『キャンディーズ メモリーズ FOR FREEDOM』の大ヒットを記念して開催され、スクリーン上で3人のパフォーマンスが流れると大声援が沸き起こった。

 また、この日の上映会では、特典としてコンサートの必需品だった青・黄・桃の3色の紙テープが配布され「哀愁のシンフォニー」のライブ映像が流れた際には、おなじみだったサビでの“紙テープ投げ”が解散コンサート以来38年ぶりに行われた。

 当時“親衛隊”として熱烈な声援を送っていたという神奈川県在住の50代男性は「当時は再結成してほしかったけど、今となっては思い出のまま終わってよかったのかも。ただもう一度、ライブ映像で当時を楽しめるのはすごくうれしい」と声を弾ませた。上映後は、当時のファンたちで打ち上げが開かれるほど、その人気ぶりは未だ健在だ。

 進行役は、芸能界きってのアイドルファンであるタレントのクリス松村が務めた。開演前の囲み取材では「なんか同窓会みたいですね」と青春時代を思い出しながら、アイドルトークに花を咲かせていた。



関連写真

  • キャンディーズの解散コンサートが上映され、紙テープ投げも復活 (C)ORICON NewS inc.
  • 会場には当時のステージ衣装も展示された (C)ORICON NewS inc.
  • キャンディーズの大ファン クリス松村がイベントの司会を務めた (C)ORICON NewS inc.
  • 会場には当時のステージ衣装も展示された (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス