• ホーム
  • 芸能
  • 高梨臨「なけなしの色気をかき集めた」 『不機嫌な果実』に出演

高梨臨「なけなしの色気をかき集めた」 『不機嫌な果実』に出演

 女優の高梨臨(27)が、4月29日スタートのテレビ朝日系ドラマ『不機嫌な果実』に、栗山千明演じる主人公・水越麻也子の大学時代からの友人・竹田久美役でレギュラー出演する。高梨は同局の看板番組、スーパー戦隊シリーズ『侍戦隊シンケンジャー』(2009〜10年)のシンケンピンクを足がかりに、連続テレビ小説『花子とアン』を経て、女優として飛躍。6年ぶりに同局のドラマに凱旋する。

 本作は、林真理子氏の傑作不倫小説を約20年ぶりにドラマ化するもので、夫・航一(稲垣吾郎)から女として見てもらえなくなり、結婚生活への不満が募った人妻・麻也子が、情熱的な音楽評論家・工藤通彦(市原隼人)と“禁断の愛”に溺れていく様を描く。

 高梨が演じる久美は、夫の不倫が原因で離婚した経緯を持つ女性。不倫に対して嫌悪感を露わにし、夫に不満を持つ麻也子にも道を外さないよう釘を刺す。ところが、そんな久美には麻也子たちには決して見せない“別の顔”があり、物語に大きな波風を立たせる役どころだ。

 先日行われたポスター撮影では、肩も露わに小悪魔的な表情を見せた高梨。「なけなしの色気をかき集めて、詰め込んだつもりです(笑)」と謙遜しつつも、「新しい一面を見せられる挑戦作でもあるので、すごく気合が入っています」と、ドラマ本編の撮影が待ちきれない様子だ。



オリコントピックス