• ホーム
  • 芸能
  • 釘宮理恵&堀江由衣、舞台『FAIRY TAIL』に声の出演

釘宮理恵&堀江由衣、舞台『FAIRY TAIL』に声の出演

 4月から上演される舞台『FAIRY TAIL』に声優の釘宮理恵堀江由衣が出演することがわかった。2人はアニメ『FAIRY TAIL』でハッピー、シャルルの声を担当。舞台版も引き続き担当し、貴重な録り下ろしボイスが会場で披露される。

【写真】その他の写真を見る


 『FAIRY TAIL』は2006年より『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中の人気マンガ。魔導士を目指す少女ルーシィが、竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)ナツと青い猫・ハッピーと出会い、彼の所属するギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に加入し、冒険していくバトルファンタジー。舞台では、原作でも人気の高い「ニルヴァーナ編」を展開する。

 原作者の真島ヒロ氏はコメントを発表し、「正直舞台化のお話を聞いた時は、ビックリしました。だって魔法を使うマンガですよ。どうやって魔法を表現するんだろう?と、はじめはそんな半信半疑でしたが、制作スタッフの熱意やキャストの皆さんの気合に私の方までボルテージが高まっており、日に日に公演を楽しみにしている自分がいます。早く舞台の上であばれるナツが見たい!!」と期待を寄せている。

 主人公ナツ・ドラグニルはD-BOYS宮崎秋人が演じ、そのほか白又敦郷本直也、古谷大和らも出演。脚本・演出は、宝塚歌劇団の脚本・演出としてデビューし、舞台『NARUTO』も手がけてきた児玉明子氏が担当する。4月30日から5月9日まで東京・池袋サンシャイン劇場で上演。



関連写真

  • 舞台『FAIRY TAIL』ビジュアル  (C)真島ヒロ/講談社 (C)「FAIRY TAIL」舞台製作委員会2016
  • 宮崎秋人が演じる主人公のナツ・ドラグニルのビジュアル (C)真島ヒロ/講談社 (C)「FAIRY TAIL」舞台製作委員会2016
  • 舞台『FAIRY TAIL』で主演を務める宮崎秋人

オリコントピックス