• ホーム
  • 芸能
  • 内村光良、“コント”に捧げる人生 娘の反応が気になる?

内村光良、“コント”に捧げる人生 娘の反応が気になる?

 東京・渋谷のNHKで17日、お笑いコンビ・ウッチャンナンチャン内村光良が座長を務めるオムニバスコント番組『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』の取材会が行われ、男性レギュラー陣5人が出席した。2013年から年度前半期(4月〜9月)に放送されてきたが、レギュラー化4年目を迎えて、座長・内村にある変化が見られるという。

【写真】その他の写真を見る


 暴露したのは、星野源。「内村さんはほぼすべてのコントが終わった後に、娘さんからの目線を気にしている。『俺には娘がいるんだ、こんな仕事をやっていていいのか』って、自問自答なされている」と舞台裏を明かし、「僕らは、みんなかっこいいと思っています。貫き通してもらいたいです」とエールを送った。

 内村はその理由として、「娘が(ムロツヨシが扮する)妖怪どうしたろうかしゃんの物まねをしだして、ヤバいなと思った。教育を間違えた」と語り、ムロに少なからずジェラシーを抱いている様子。この日は「ムロくんは主演ドラマ(TBS『悪党たちは千里を走る』)をされてから、芝居が変わった」「スタジオ入りが遅れるようになって、主演をやると人は変わるのかな」とムロいじりで笑いを誘っていた。

 4月7日から始まる新シリーズは、放送時間がこれまでの48分から25分に短縮され、毎週木曜午後10時25分スタートとなるが、1年を通して放送されることが決定。新レギュラーメンバーが加わる予定だ。内村は「1年通してやるということで、どうなるんだろう。不安半分だけど、期待もあり、楽しみ半分。1年というマラソンを駆け抜けて行きたい」と意気込んだ。

 また内村は「この番組が4年目を迎えられたことに幸せを感じています。でも、民放ではなかなか難しいのかな。そういう状況は変わっていない」と見解を述べ、「今後、民放でも若手を使った新進気鋭の血たぎるような演出家のもとで、コント番組が生まれたらいいなって思います」とコント“愛”ものぞかせていた。

 内村は「NHK ゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・ディレクター 三津谷寛治」、田中直樹は「プラス車掌」、星野は「鉄仮面テツオ」、ムロは「妖怪どうしたろうかしゃん」、塚地武雅は「イカ大王」に扮して登場した。



関連写真

  • 愛娘の反応を気にしている内村光良 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)星野源、ムロツヨシ、内村光良、田中直樹、塚地武雅=コント番組『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』取材会 (C)ORICON NewS inc.
  • ドランクドラゴンの塚地武雅=コント番組『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』取材会 (C)ORICON NewS inc.
  • 星野源=コント番組『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』取材会 (C)ORICON NewS inc.
  • ムロツヨシ=コント番組『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』取材会 (C)ORICON NewS inc.
  • ココリコの田中直樹=コント番組『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』取材会 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)星野源、ムロツヨシ、内村光良、田中直樹、塚地武雅=コント番組『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』取材会 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)星野源、ムロツヨシ、内村光良、田中直樹、塚地武雅=コント番組『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』取材会 (C)ORICON NewS inc.
  • 『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』2016年度ポスター イラストを担当したのは大谷リュウジ氏。イケメン過ぎるコントキャラクターたち(C)NHK

オリコントピックス