• ホーム
  • 映画
  • エディ・レッドメインが語るリリーの“勇気” 主演作の特別映像が公開

エディ・レッドメインが語るリリーの“勇気” 主演作の特別映像が公開

 世界で初めて性別適合手術を受けた実在の画家の半生を描く映画『リリーのすべて』(18日公開)。主演を務めたエディ・レッドメインや、同作の演技で『第88回アカデミー賞』助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデルらが登場する特別映像が17日、公開された。命の危険を冒してでも、自分らしく生きることを望んだリリーの“勇気”について語っている。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、『英国王のスピーチ』トム・フーパー監督が、『レ・ミゼラブル』に続いてレッドメインとタッグを組み、妻がいながらも男性から女性になることを望んだ主人公と、その一番の理解者であり続けた妻が織りなす魂の触れ合いのドラマを、心揺さぶる演技と演出で綴りあげた感動作。

 公開された映像は、画家アイナーと妻ゲルダの幸せそうな様子から始まり、アイナーが自分の内側に潜んでいた女性の存在に気付くきっかけとなるシーンが収められている。

 繊細な演技を披露しているレッドメインは「原作を読んで心を動かされた。あんな物語は初めてだ。情熱的な自分探しの旅が描かれている」と感銘を受けたことを明かし、妻のゲルダを演じたヴィキャンデルも「トランスジェンダーの前例のないだろう時代に、2人は懸命に自分たちの道を模索したの」と話している。

 当時は前例がなかった性別適合手術を「危険すぎる」と訴えるゲルダに、リリーが「唯一の希望」と力強くこたえるシーンも登場する。レッドメインが「リリーは勇気をもって、真実の人生を生きたんだ。何があろうともね」という言葉通り、同作では想像を超えるリリーの勇気と、愛する人の夢をかなえるため寄り添い続けた妻ゲルダの揺るぎない愛が描かれている。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 映画『リリーのすべて』は3月18日公開 (C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • 映画『リリーのすべて』 (C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • 映画『リリーのすべて』 (C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • 映画『リリーのすべて』 (C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

オリコントピックス