• ホーム
  • 映画
  • 佐藤勝利&橋本環奈が幼なじみ役でW主演 青春小説『ハルチカ』実写映画化

佐藤勝利&橋本環奈が幼なじみ役でW主演 青春小説『ハルチカ』実写映画化

 人気グループ・Sexy Zone佐藤勝利(19)とアイドルグループ・Rev. from DVLの橋本環奈(17)が、青春小説を実写化した映画『ハルチカ』(2017年公開)にW主演することが16日、わかった。高校内で起こる事件を解決しながら、弱小吹奏楽部でコンクール出場を目指す幼なじみを演じる。

【写真】その他の写真を見る


 初野晴氏による青春小説『ハルチカ』シリーズは、単行本4冊、文庫本4冊がすでに刊行され、シリーズ累計で55 万部を突破。今年1月からはテレビアニメ化もされている。映画の監督は、『箱入り息子の恋』『僕らのごはんは明日で待ってる』の市井昌秀氏が務める。

 美形で頭脳明晰なハルタ(佐藤)と、気は強いがとにかく前向きで天真爛漫な性格のチカ(橋本)。二人は小学校3年生の時にハルタが引っ越してしまうまで幼なじみだったが、高校の入学式で久しぶりの再会を果たす。

 ずっと憧れていた吹奏楽部に入部しようと張り切るチカだったが、部はある事件をきっかけに廃部寸前だった。大好きなフルートを諦めきれず、チカはハルタを引っ張って部員集めに奔走するが、そこには一つの謎と切なくも悲しい人間ドラマがあった。

 映画初出演にして初主演を果たす佐藤は「主演が決定した時は、とてもうれしくて胸が踊りました。その日の夜には家の近くの本屋に息を上げながら走っていき、原作の『ハルチカ』シリーズを購入したくらいです」と歓喜。役作りにむけ「春太の心を芝居に入れ込む作業を、丁寧にしていきたいと思います。ホルンを吹く役なのですが、ホルンは世界一難しい金管楽器といわれています。一生懸命練習に励み、ハルタが出す美しい音色を吹けるように頑張ります」と気合十分。

 共演する橋本については「チカと似ている部分を感じます。太陽の様なエネルギー溢れる明るさで、周りをポジティブなほうへ巻き込んでいける方だと思います。とても楽しみです」と印象を明かし、ファンへ向けて「金管楽器が奏でる音楽。キャスト。青春ストーリー。この全てがキラキラしています。観ていただいた後、きっと皆様がキラキラに輝きます」とメッセージを送っている。

 現在公開中の映画『セーラー服と機関銃』では高校を卒業していた橋本は、「やっとの思いで卒業したと思ったら、今度はまた高校に入学してひと騒動巻き起こすことになりました(笑)。卒業したり入学したりと目まぐるしく移り変わりますが、今回は等身大の高校生を演じますので、より自然体の橋本環奈演じますチカを楽しみにしていてください!」と新たな一面を見せることを約束。

 佐藤について「歌も、踊りも、そしてお芝居も全てこなしていらっしゃるマルチな方。私も同様に様々な事にチャレンジさせていただいているので、多くの刺激や教えを受ける事ができると思いますので、ご一緒させていただける事をとても楽しみにしています」とコメントしている。

 KADOKAWA の今安玲子プロデューサーは「お二人とも、原作のイメージに近いだけでなく、年齢も役柄に近いこともあり10代の今しかない姿をみせてくれると思います。撮影に向けて楽器の練習(佐藤さんはホルン、橋本さんはフルート)が進んでいますが、役柄に真摯に向き合う姿は次世代を担う才能を予感させ、既に今の段階で日本に二人以上にこの役柄にぴったりでわくわくさせる俳優はいないと確信しています」と手応えをにじませている。



関連写真

  • Sexy Zoneの佐藤勝利と共に映画『ハルチカ』で主演する橋本環奈 (C)2017「ハルチカ」製作委員会
  • 「ハルチカ」シリーズ 初野晴・著 角川文庫刊
  • 「ハルチカ」シリーズ 初野晴・著 角川文庫刊

オリコントピックス