• ホーム
  • 芸能
  • 菊川怜、松本清張の名作『一年半待て』主演 弁護士目線で描く

菊川怜、松本清張の名作『一年半待て』主演 弁護士目線で描く

 女優の菊川怜が、フジテレビ系金曜プレミアム松本清張スペシャル『一年半待て』(4月15日 後9:00〜10:52)の主演を務めることがわかった。菊川が演じるのは弁護士・高森滝子。無職で酒癖の悪い夫からの家庭内暴力に耐えかね、一人息子を守るために夫を殺害した容疑で逮捕された妻・須村さと子(石田ひかり)の弁護を、滝子が引き受けることから物語は始まる。

 これまでに10回以上ドラマ化された人気サスペンスで、今回、脚本を手がけるのは、連続テレビ小説『澪つくし』や大河ドラマ『独眼竜政宗』(いずれもNHK)をはじめ、数多くの名作を生み出してきたジェームス三木氏。歴代作の多くが、“容疑者・さと子目線”で描かれてきたが、今作ではさと子を守ろうと奮闘する、“弁護士・滝子目線”でストーリーを展開する。

 清張作品5作目となる菊川は「この作品を通じて、やっぱり人生は割り切れないことだらけだと改めて感じさせられました。人間の本質的な部分をえぐり出し、ウソがないからこそストーリーに引き込まれると思います」と魅力を語っている。

 同局系では、前週8日(後9:00)の米倉涼子主演『かげろう絵図』とあわせ、2週連続で“松本清張スペシャルドラマ”が放送される。



オリコントピックス