• ホーム
  • 芸能
  • ロンブー淳、地上波タブー挑戦に意欲「自分のやりたいことを表現したい」

ロンブー淳、地上波タブー挑戦に意欲「自分のやりたいことを表現したい」

 お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号田村淳が15日、都内で行われたBSスカパー!『第5回スカパー!メディアラウンドテーブル』に出席。同局で『田村淳の地上波ではダメ!絶対!』をレギュラー放送することになり「BSスカパー!さんっていう、テレビを制作する能力を持った人たちが、自由なルールのもとにやるっていうのが新しいジャンルだと思ってる。自分のやりたいことを表現したい」と意気込みを語った。

 同番組は、昨年9月に同局の開局1周年記念番組として放送。ホームレスが現代の日本を斬ったり、元光GENJIの赤坂晃としゃぶしゃぶを食べながら“シャブ”の恐怖を語ったりと、社会派を軸としながらもバラエティーに落とし込んだ番組内容が大きな反響を呼び、4月からレギュラー化することが決まった。

 昨年の番組の反響について、淳は「小向美奈子さんの事務所の社長さんが『ウチのはまだ塀の中にいるので、出てきてからやってくれないですか?』と声を掛けてくれて、すごくうれしかった。僕は面会するところからやりたいんですが、交渉中です」とニンマリ。「(芸能界は)年に1回は覚醒剤をやる人が出てきますから、そういった方々に覚醒剤の怖さを語ってもらうのが一番いいと思います」と怪気炎を上げた。

 同番組の新コーナー案についても「最近、芸能界では不倫をしていらっしゃる方が非常に多いということで『不倫さんいらっしゃい!』みたいな番組をやりたいなと思っています。コーナーのタイトルが、どうなるかはわかりませんけど…」と毒舌をさく裂。さらに「賭博で捕まった元プロ野球選手の方々を、海外で野球賭博が(合法的に)できる場所に連れて行って『本当の野球賭博はこれだ!』って教えたいですね」と地上波タブーにどんどん切り込む意欲を見せた。

 過激な内容を売りにしただけの番組にも思えるが、淳は「話し合いを持たないといけないとは思いますが、否定的な意見を言うような攻撃力の高い人たちに屈するのは良くないかな」と真意を説明。「ただ単に、苦情が来たからやめるを繰り返していくと、コンテンツ不足につながっていくかなと思いますね」と嘆きつつ「BSスカパー!でやっている内容が、いずれは地上波で流れるのが当たり前だと思っています」と制作意図を明かしていた。

 同番組は、4月14日スタート。毎週木曜日の午後10時から放送される。



関連写真

  • 「地上波タブー」に斬りこむと意欲をみせたロンドンブーツ1号2号・田村淳 (C)ORICON NewS inc.
  • ロンドンブーツ1号2号・田村淳   (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス