• ホーム
  • 芸能
  • 波瑠から高畑充希へ 朝ドラヒロインバトンタッチ

波瑠から高畑充希へ 朝ドラヒロインバトンタッチ

 NHK連続テレビ小説の“ヒロイン・バトンタッチ”セレモニーが15日、東京・渋谷の同局で行われ、『あさが来た』(放送中)の波瑠、『とと姉ちゃん』(4月4日開始)の高畑充希が出席した。恒例のプレゼント交換では、波瑠から『あさが来た』のヒロイン・あさの成長を見守っていた加野屋の店先に鎮座する大きな招き猫の“小型版”が贈られ、高畑は「びっくりんぽんや。これ、言いたかった」と受け取って、笑いを誘っていた。

【写真】その他の写真を見る


 波瑠は「本当に大変だったけど、走り切ったときに見える景色に感動する10ヶ月になると思う。高畑さんにとって幸せな時間になることを祈っています」と高畑にエールを送り、「どんなに長くても終わるもの」と笑顔を見せた。今月5日にクランクアップしたばかりで、「まだ終らないのかな、と思っていながらも終わったらさみしいと思えるくらいこの作品のことが大好きになっていた」と振り返っていた。

 連続テレビ小説は『ごちそうさん』に続いて2作目の高畑は、前作はヒロインの義妹の役だったが、『とと姉ちゃん』では堂々の主役。昨年11月から撮影に入っており、「終わりがくるのかなって感じ。でも、妹二人と母と家族のシーンが多く、疲れてくると沈んでいくより、(テンションが)上がっていく変な人たちが集まっていて、一緒にふざけてくれる家族(共演者)がいることが支えになっています」と話していた。

 新ヒロインの高畑は、舞台地・浜松の法被とうなぎ(うな重)の贈り物で波瑠をねぎらい、波瑠は「うなぎを食べて元気を出したい」と応じていた。

 次作『とと姉ちゃん』は、“父親代わりの長女”小橋常子が2人の妹と母を守るため、奮闘する物語。戦時中も女家族だけで生き抜き、戦後は、生前の父が教えてくれた「当たり前の暮らしがいかに大切か」という教えが生活雑誌『あなたの暮らし』に結実。やがて高度経済成長期を生きる女性たちに欠かせない雑誌へと成長していく、家族の愛と挑戦の物語。

 『あさが来た』は、“朝ドラ”初の江戸時代、幕末からはじまった物語。時代に先駆け、銀行、生保を設立し、後には日本最初の女子大学設立に尽力した実在の人物・広岡浅子をモデルに、「お金儲け」のためではなく「今より少しでも皆が幸せな世の中の実現」のため、生き抜いたヒロインの半生を描く。

 昨年9月28日放送の初回の番組平均世帯視聴率は【関東】21.2%/【関西】19.7%。今年2月27日放送の第126回(第21週)までの世帯視聴率の期間平均は【関東】23.4%/【関西】21.1%。最高値は【関東】12月4日に記録した27.2%/【関西】2月24日に記録した24.4%(視聴率はビデオリサーチ調べ)。



関連写真

  • “朝ドラヒロイン”が波瑠(右)から高畑充希へバトンタッチ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)高畑充希、波瑠 (C)ORICON NewS inc.
  • 『とと姉ちゃん』の舞台・浜松の法被とうなぎの贈り物で波瑠をねぎらった (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説の“ヒロイン・バトンタッチ”セレモニーに出席した(左から)高畑充希、波瑠 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説の“ヒロイン・バトンタッチ”セレモニーに出席した(左から)高畑充希、波瑠 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説の“ヒロイン・バトンタッチ”セレモニーに出席した(左から)高畑充希、波瑠 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス