• ホーム
  • 映画
  • 仮面ライダー1号・藤岡弘、45年ぶりマスクオフ姿に感慨「ライダー魂が騒いでいる」

仮面ライダー1号・藤岡弘、45年ぶりマスクオフ姿に感慨「ライダー魂が騒いでいる」

 俳優の藤岡弘、(70)が15日、都内で行われた映画『仮面ライダー1号』(26日公開)完成披露舞台あいさつに登壇。同作で、45年ぶりに仮面ライダー1号・本郷猛役として映画主演を果たす藤岡は「45年の時を超え、世界で戦ってきた本郷猛こと藤岡弘、です。よろしく!」と力強くあいさつした。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、長年にわたり海外で悪と戦ってきた本郷が、一人の少女の危機を知り急きょ帰国するところからスタート。仮面ライダーゴースト=天空寺タケルや、その仲間たちの出会いを経て、少女の危機、そして日本の最大の危機を救うために意を決して“変身”するというストーリー。

 この日、藤岡はライダースーツを着用し、マスクだけ外した状態の通称“マスクオフ”姿で登場。この姿を披露するのは、1971年オンエアの『仮面ライダー』第1話以降、実に45年ぶりとなるが「体中熱く熱く、ライダー魂の血が騒いでおります。こうやってまた、奇跡のごとく本郷猛役をやらせていただいていること、感無量でございます」としみじみと喜びをかみしめていた。

 舞台あいさつにはそのほか、西銘駿、岡本夏美阿部力長澤奈央武田幸三大沢ひかる山本涼介柳喬之大杉漣も登壇した。




関連写真

  • 藤岡弘、 (C)ORICON NewS inc.
  • 藤岡弘、 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス