• ホーム
  • 芸能
  • お弁当が…腕時計に!? 日本の職人技が凝縮した製作動画

お弁当が…腕時計に!? 日本の職人技が凝縮した製作動画

 時計修理のスペシャリストや野菜彫刻の名手ら4名の職人技による、腕時計型のミニチュアお弁当『BENTO WATCH』を製作する動画が公開された。

【写真】その他の写真を見る


 同動画は、仕事に奮闘するあまり食事がおろそかになりがちな社会人に向けて、忙しい日々の中でこそバランスの良い食事をとることの重要性を表現するために製作されたもの。腕時計型お弁当の製作に携わる4名のプロフェッショナルの仕事風景を追って紹介している。

 時計修理のスペシャリスト、ウォッチ・マイスターの寺山和弘氏が腕時計を設計。品川美容外科の秦真治院長が超繊細な手さばきでカットした野菜『ファイトリッチ』シリーズを、野菜彫刻の名手でもある陳健一麻婆豆腐店の古作哲也店長が、虫眼鏡とおたまを駆使して調理をする。手間暇かけて調理した「揚げ団子とトマトの甘酢ダレ」など全4品を、ミニチュアの世界を創造する達人・ジオラマ作家の荒木智氏が時計の中に盛り付けて、忙しく働くサラリーマンがいつでも食べられる腕時計型お弁当『BENTO WATCH』が完成する。

 『ファイトリッチ』シリーズは、タキイ種苗が研究を重ねて完成した、高栄養価の野菜のシリーズ。2016年2月現在15種類をラインナップ。
なお、『BENTO WATCH』は実際の販売予定はない。



関連写真

  • 4名の職人の技を結集して完成した腕時計型お弁当『BENTO WATCH』
  • 美容外科医師が食材を極小サイズにカットする
  • 腕時計型お弁当なら忙しく働くサラリーマンが場所を問わず食べられる
  • 【画像】腕時計型お弁当『BENTO WATCH』精密な盛り付け作業
  • 『BENTO WATCH』専用の時計をウォッチマイスターが設計
タグ

オリコントピックス