• ホーム
  • 芸能
  • 『牙狼<GARO>』新シリーズはキャスト・内容すべてシークレット

『牙狼<GARO>』新シリーズはキャスト・内容すべてシークレット

 4月8日よりテレビ東京系ほかで放送開始されるシリーズ最新作『牙狼<GARO>‐魔戒烈伝‐』のティーザーポスタービジュアルが解禁された。この世の闇に棲みつく魔獣ホラーと戦う魔戒騎士たちの姿を、最先端VFX技術を駆使した大胆なアクションシーンとともに描いてきた「牙狼<GARO>」シリーズ。昨年、10周年を迎えたシリーズの集大成となる今作は、歴代のキャストが大集結するオムニバス形式であること以外は、現段階ではキャストはおろか内容までも一切の情報が公表されておらず、放送のたびにさまざまな興味でリードしていく。

【写真】その他の写真を見る


 2005年に放送されたシリーズ第1作『牙狼<GARO>』は、最強の称号「ガロ」を受け継ぐ、黄金騎士・冴島鋼牙の戦いを描いた。翌06年、勢いをそのままに、スペシャルドラマ『牙狼<GARO>〜白夜の魔獣〜』を放送。10年には、初の劇場版作品『牙狼<GARO>〜RED REQUIEM〜』が公開。日本発となる全編フルデジタル3Dで製作されたかつてない映像世界は、特撮ファン以外にも衝撃を与えた。

 11年には、シリーズ初のスピンオフ作品『呀<KIBA>〜暗黒騎士鎧伝〜』を発表。暗黒騎士キバがいかにして闇に堕ちていったのか。その真相を映像絵巻として描いた。さらにこの年には、冴島鋼牙のその後の戦いを描いたテレビシリーズ『牙狼<GARO>〜MAKAISENKI〜』も放送。オールスターキャストが一同に介し、壮絶な死闘を繰り広げたこの作品は、シリーズ屈指の人気作となった。

 13年、冴島鋼牙の最後の戦いを描いた劇場版『牙狼<GARO>〜蒼哭ノ魔竜〜』が公開。この年、新たな主人公として登場したのが、『牙狼<GARO>〜闇を照らす者〜』の道外流牙。生身でのアクションの限界に挑み、牙狼の新たな世界観を提示した。さらに、女魔戒法師・邪美と烈花の戦いを描いた『牙狼外伝 桃幻の笛』を発表。魔戒騎士のバトルとは異なる、魔戒法師ならではの華やかなアクションで、観る者を魅了した。14年には、冴島鋼牙の永遠のライバル・涼邑零のスピンオフ作品である劇場版『絶狼<ZERO>‐BLACK BLOOD‐』が公開。黄金騎士ガロの称号を受け継ぐ、冴島家直系の若き騎士・冴島雷牙が登場。『牙狼<GARO>‐魔戒ノ花‐』では、鋼牙シリーズとの繋がりにさらなる展開を予感させた。

 さらにこの年、シリーズ初のアニメ作品を発表。中世ヨーロッパを舞台に、黄金騎士の戦いを描いた『牙狼<GARO>‐炎の刻印‐』は、アジアを中心に世界各国で放送され、新たな牙狼ファンを開拓した。15年、再び流牙を主人公に迎えた『牙狼<GARO>‐GOLD STORM‐翔』では、劇場版とテレビシリーズを合わせて製作。漫画界の巨匠・桂正和氏がキャラクターデザインを担当したアニメ第2弾となる『牙狼<GARO>‐紅蓮ノ月‐』も放送。平安京を舞台に魔戒騎士と陰陽師が入り乱れ、壮絶な戦いを繰り広げた。そして、闇に堕ちた魔戒騎士を刈る闇斬師・媚空の戦いを描いた劇場版『媚空‐ビクウ‐』では、最新の牙狼の世界を描いた。

 今年は、『炎の刻印』の4年後の舞台を描いたアニメ初の劇場版となる『牙狼<GARO>‐DIVINE FLAME‐』が公開を控えている。

■放送情報
テレビ東京ほか:4月8日スタート、毎週金曜 深1:23
スターチャンネル(BS10ch)※無料放送、CSチャンネル「ファミリー劇場」(特別ミニ番組「魔戒指南」付き)にて順次放送



関連写真

  • テレビシリーズ『牙狼<GARO>- 魔戒烈伝-』4月8日よりテレビ東京ほかで放送スタート(C)2016「魔戒烈伝」雨宮慶太/東北新社
  • テレビシリーズ『牙狼<GARO>- 魔戒烈伝-』4月8日よりテレビ東京ほかで放送スタート(C)2016「魔戒烈伝」雨宮慶太/東北新社
  • テレビシリーズ『牙狼<GARO>- 魔戒烈伝-』4月8日よりテレビ東京ほかで放送スタート(C)2016「魔戒烈伝」雨宮慶太/東北新社

オリコントピックス