• ホーム
  • 音楽
  • SHE’S、6・8メジャーデビュー 井上竜馬号泣「もっと遠くまでみんなで行こう」

SHE’S、6・8メジャーデビュー 井上竜馬号泣「もっと遠くまでみんなで行こう」

 大阪在住の男性4人組ピアノロックバンド・SHE’S(シーズ)が14日、東京・渋谷CLUB QUATTROで行われたワンマンツアー『She’ll be fine -chapter.0-』の最終公演で、ユニバーサルミュージックからメジャーデビューすることを発表した。6月8日にリリースされる1stシングル「Morning Glow」でメジャーに打って出る。

 全作品のソングライティングを手がける井上竜馬(Vo&Key)は本編終盤、「SHE’Sという船はゆっくり時間をかけながら一つの目標に向かって歩いてきました。たくさんの人に見守られて、ほんまに幸せ者です」とファンに感謝。

 続けて、「今までもこれからも何も変わらんねんけど、一つの区切りとしてこのツアーが終わったら、また違う方向に向いて行こうやんかと思います」と切り出すと、声を震わせながら「SHE’Sは今年6月8日に、ユニバーサルミュージック/Virgin Recordsからメジャーデビューします」と一息に報告。満員の観客から「おめでとう!」と祝福する歓声と割れんばかりの拍手が沸き起こった。

 井上は「5年間、いろんな人に救われながら…やってきてよかった」と男泣き。涙をぬぐい、鼻をすすりながら「あー! こんなはずじゃない。24年間生きてきて泣いたことなかったのに。アハハハ」と照れ隠しすると、服部栞汰(G)から「いいネタできたな」といじられた。

 井上はファンに向かって「俺はみんなと(メジャーに)行きたい。みんなで行きたい。みんなともっと遠くに行きたい。遠くに行っちゃうんじゃなくて、あなたと一緒に行きたい。一緒に行かへんかな? ついてきてくれへん? もっと遠くまでみんなで行こう!」と絶叫すると、「遠くまで」を熱演。アンコールではメジャーデビュー曲「Morning Glow」を初披露し、ステージとフロアーが一体となって喜びを分かち合った。

 キャッチーなメロディーとエモーショナルな歌声でじわじわと人気を拡大している同バンドは、井上、服部、広瀬臣吾(B)、木村雅人(Dr)からなる4人組。2012年の『閃光ライオット』のファイナリストに選出されて注目を集め、3年間でミニアルバム3部作『WHO IS SHE?』『WHERE IS SHE?』『She’ll be fine』をリリースしてきた。

■SHE’S『She’ll be fine -chapter.0-』セットリスト
01. Un-scienece
02. Change
03. Just Find What You’d Carry Out
04. 彼方
05. L&F
06. Save Me
07. 2人
08. All My Faults
09. Evergreen
10. Back To Kid
11. Night Owl
12. 信じた光
13. ワンシーン
14. 遠くまで
15. Curtain Call
【アンコール】
16. Morning Glow(メジャーデビュー曲)
17. Voice



関連写真

  • ピアノロックバンド・SHE’S(シーズ)がメジャーデビュー決定を発表
  • 全17曲を熱唱し、ファンを熱狂させた
  • SHE’S最新アーティスト写真

オリコントピックス