• ホーム
  • 芸能
  • 松井玲奈、初連ドラ主演作は「ナイツの漫才」参考

松井玲奈、初連ドラ主演作は「ナイツの漫才」参考

 昨年、アイドルグループ・SKE48を卒業した女優・松井玲奈が14日、都内で行われたTBS・MBSほかにて放送される連続ドラマ『神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎』(毎週火曜 深夜1:11 ※MBS 深0:50)の合同取材会に出席した。連ドラ初主演となる今回、俳優・滝藤賢一との掛け合いが軽妙なコメディに挑んだが「私はプライベートだと面白くない人間なので、どうしたら面白くなるかがすごくネックだった」と自虐した。

【写真】その他の写真を見る


 そんな時、飯塚健監督から「『このセリフはこの芸人さんのこういうイメージ』と教えてもらって、その方たちの動画を見て研究した」とアドバイスを受けたという松井。具体的には「『ナイツさんの漫才を見て』と言われた」と挙げ「観ていても面白かったですし、イメージがわかりやすくてそこからひっぱって自分なりに作りこむことができた」と手応えをにじませた。

 同作は滝藤演じるコインランドリーのオーナー・茅ヶ崎と松井演じるアルバイトの南雲凪、毎回訪れるちょっとワケありなお客たちが織りなす日常を描く。会話劇が中心となるため「全4話なんですけど、セリフ量が普通の8話分といっても過言ではないくらい多い。それを覚えることと会話劇として成立させないといけない」と苦労した様子。「長回しで撮ることも多くて、舞台にも似たような緊張感のある撮影が難しくも楽しかった」と振り返った。

 このほかにも『ニーチェ先生』、『フラジャイル』、『初恋芸人』など映像作品への出演が続く松井だが「自分自身はまだまだ」と気を引き締め「でもすごく勉強になったし楽しかったし飯塚監督と一緒にやれてよかった」と充実感をにじませた。TBSでは15日より放送開始。



関連写真

  • 初の連ドラ主演作では“ナイツの漫才”を参考にしたことを明かした松井玲奈
  • 連続ドラマ『神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎』の合同取材会に出席した松井玲奈
  • 連続ドラマ『神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎』の合同取材会に出席した松井玲奈
  • 連続ドラマ『神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎』の合同取材会に出席した松井玲奈

オリコントピックス