• ホーム
  • 芸能
  • ミュージカル界が育てた“StarS” テレビドラマで輝く【1/2】

ミュージカル界が育てた“StarS” テレビドラマで輝く【1/2】

井上芳雄浦井健治山崎育三郎StarS”×福田雄一 オリジナルコメディでタッグ

 最近、テレビ界でにわかに存在感を増しているミュージカル俳優たち。「StarS」というユニットを組み日本武道館でコンサートを成功させたこともある井上芳雄、浦井健治、山崎育三郎の3人だ。

 この1月期、各局のドラマを観ていると、井上芳雄は『わたしを離さないで』(TBS系)、浦井健治は『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)、『ニーチェ先生』(Hulu・日本テレビほか)、そして昨年大ヒットした『下町ロケット』(TBS)で注目された山崎育三郎は『お義父さんと呼ばせて』(関西テレビ・フジテレビ系)、『悪党たちは千里を走る』(TBSほか)に出演。

 3人ともミュージカルで鍛えられた演技力に申し分なし。山崎が2月29日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)にゲスト出演した際は、芸人たちの無茶ぶりにもうまく応え、ユーモアたっぷりのトーク力でバラエティーに出ても面白い“地力”を発揮。人気のミュージカル俳優はファンイベントの機会も多く、トーク術も自然と磨かれていく。もちろん舞台に上がれば、歌って踊れるわけだから、まさに無敵。

 ミュージカルにも造詣が深く、3人と親交がある『勇者ヨシヒコシリーズ』などの劇作家で演出家の福田雄一氏も「僕は正直、ミュージカルはエンターテインメントの帝王だと思っているんですけど、歌もできなくちゃいけなくて、踊りも、演技もできなくちゃいけない。エンターテインメントの頂点にいる人たち。なんかもったいないな一部の人しかしらないのは。ミュージカルが好きな人たちが知っているだけというのはもったいないと思っていた」と、出るべくして出たといった注目のスターたち。今後、ますます活躍が期待できそうな3人なのだ。

■福田雄一の笑いがStarSをさらに輝かせる

 そんな“StarS”の3人(井上芳雄、浦井健治、山崎育三郎)と、がタッグを組み、WOWOWでオリジナルミュージカルコメディ番組『トライベッカ』(4月22日から放送)が制作されることに。いままでStarSとしての音楽活動以外での共演がなかった3人が、歌&ダンスあり、笑いあり、涙あり(?)の福田節が炸裂するミュージカルコメディに挑戦する。

 浦井は「福田さんは演劇が大好きでミュージカルにもすごく詳しい方なので、我々をこねくり回して面白くしてくれそうで楽しみです」と信頼を寄せる。

 井上は「僕たちはミュージカルをずっとやってきて、もっと僕たちのことを知ってほしいと思ってStarSをはじめて、ユニット活動をやってよかったと思えることがたくさんありました。さらに、広げようと思ったときに、やはりテレビの力は大きいと感じているので、今回、WOWOWで福田さんと番組を作れるのはすごいチャンス。将来にどうつながるかやってみないとわからないですけど、じっとしているよりは絶対何かやったほうがいい。失うものは何もないですからね。とにかく面白くなるのなら何でもしたいですし、僕たちらしくメッチャ真剣に歌って、いいところを見せたい」とやる気満々に語っている。

 山崎は「普段は台本があって、音楽があって、演出家の方がいて、その中で表現するのが僕たち役者の仕事ですが、StarSはすべて自分たち発信。今回、福田さんとオリジナルなものを作れるのが、楽しみですね。ミュージカルファンはもちろん、僕らのことをよく知らない人にも『この人たち面白いね』『ミュージカルやっているんだ』と、知ってもらうきっかけにしてきたいですね」と期待を膨らませた。

 脚本・演出を手がける福田氏は、「嫁が井上くんのファンでStarSのライブを一緒に観に行ったんだけど、MCもめちゃくちゃ面白かったんです。僕は基本的にコメディしかやらない作家として、普段のミュージカルではできない形のコメディをやれたら絶対面白くなるな、と確信しています。ミュージカルを観に行ったことがない方にも、ミュージカルがいかに面白いか、それを存分に見せつけたい。コメディですけど、必ずかっこいいStarSも見せます」と使命感に燃える。

■放送情報
福田雄一×StarS(井上芳雄・浦井健治・山崎育三郎)『トライベッカ』
WOWOWプライム 4月22日 深0:00 スタート(全6回/月1回放送)
http://www.wowow.co.jp/stage/tribeca



オリコントピックス