• ホーム
  • 芸能
  • 蓮佛美沙子、ウェディングドレス姿披露 遠藤憲一も感慨「親みたいな気持ち」

蓮佛美沙子、ウェディングドレス姿披露 遠藤憲一も感慨「親みたいな気持ち」

 関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『お義父さんと呼ばせて』(毎週火曜 後10:00)にヒロイン・花澤美蘭役で出演中の蓮佛美沙子が、ドラマ最終話でウェディングドレス姿を披露する。

 大道寺保(遠藤憲一)との結婚を父親・紀一郎(渡部篤郎)に反対され続けていた美蘭。最終話の撮影で純白ドレスを身にまとった蓮佛は「これまでの道のりは長かったなと思って感慨深かったです」と笑顔。彼氏役の遠藤も「蓮佛ちゃんにウェディングドレスを着させてあげたかった。キレイだね!」と喜んでくれたというが、「同時に『親みたいな気持ちだ』とも言っていましたね。そこは『彼氏としての立場じゃないんだ!』と思いました」と振り返った。

 最終話は、美蘭の母親・静香(和久井映見)が離婚届を置いて家を出て行き、紀一郎も左遷を命じられるなど、花澤家が崩壊の危機に陥り、保と美蘭の結婚も一筋縄ではいかない展開となっている。28歳差カップルの行く末はどうなるのか。最終話は今月15日放送。



関連写真

  • 蓮佛美沙子がウェディングドレス姿を披露=ドラマ最終話より (C)関西テレビ
  • 別ショット 純白ドレスでピース(C)関西テレビ

オリコントピックス