• ホーム
  • 映画
  • 『アーロと少年』プロデューサーに聞く「本物の感情を感じてもらいたい」

『アーロと少年』プロデューサーに聞く「本物の感情を感じてもらいたい」

 3月12日より公開されるディズニー/ピクサーの最新作『アーロと少年』。恐竜アーロと人間の少年スポットの友情を描いた同作でプロデューサーを務めたデニス・リーム氏に、実はなかなか知られていないプロデューサーの仕事内容や、作品に込めた思いを聞いた。

 同作は、恐竜が絶滅しなかった地球を舞台に、弱虫でひとりぼっちの恐竜アーロと、小さいけれど怖いもの知らずのまだ言葉を持たない人間の少年スポットの友情の物語。

 ピクサーでは、監督に“パートナー”としてプロデューサーがつき、二人三脚で映画作りを進めていく。同作で長編監督デビューを果たしたピーター・ソーン監督を支えた具体的な仕事内容とは?

 「私は予算やスケジュール、スタッフ、キャスティング、作曲家、ディールの交渉、全体の財政的なスケジュールや、映画の資金の部分を担当しているのよ。私は、自分の仕事を特定のものとして見ていないの。みんなができるだけ最高の映画を作れるように、彼らが必要とするものを入手する助けをすることだと思っているの」。チームを経験豊かなスーパーバイザーらで固めて仕事に集中できる環境を作り、ソーン監督がインタビューなどで何度も感謝を伝えるほど大きな支えとなった。

 作品に登場するのは、言葉を話す恐竜アーロと、まだ言葉を持たない少年スポット。会話もほかのアニメーション作品と比べると少ないが、「最近私たちが観るアニメーションには、あまりに多くの会話があり、セリフがあるけれど、私にはそれがノイズのように感じる時がある。だから、静かで自然を聞けるような作品をできるのは、とてもナイスだったわ」と自信をのぞかせる。

 ソーン監督とリーム氏にとって重要だったことは、アニメーション映画が感情的に“本物”だと感じられるようにすること。「親を失うことや怖れといったシリアスなトピックを扱っているので、真実だと感じられないといけなかった。本物の感情を感じてもらいたかった。また、ピーター(ソーン監督)はキャラクターが成長することを観客に信じてほしかったの。怖がりなアーロが成長することを信じられるように、とても一生懸命努力したと思うわ」。怖がりな恐竜アーロが父親を失ったり、川に流されて大自然の中ひとりぼっちになったりする中で、彼の内に生まれる恐怖心を描き、誰もがアーロに共感できるようなストーリー作りを目指した。

 感情に説得力をもたせることにこだわった本作。これまでのディズニー/ピクサー作品同様、子供だけでなく大人の心も打つほど“本物”の感情が伝わってくるはずだ。



関連写真

  • ディズニー/ピクサーの最新作『アーロと少年』でプロデューサーを務めたデニス・リーム氏
  • プロデューサーの具体的な仕事内容とは?

オリコントピックス