• ホーム
  • 芸能
  • 石田ひかり、22年ぶりにNHKで司会 目標は「徹子さん」

石田ひかり、22年ぶりにNHKで司会 目標は「徹子さん」

 女優の石田ひかり(43)が、東京・渋谷のNHKで行われた古典芸能番組『にっぽんの芸能』(Eテレ 4月8日スタート)取材会に出席。南野陽子(48)から同番組の案内人を引き継ぐことになった石田は「とても緊張していますが、とても楽しみです。伝統芸能の奥深さ・美しさ・楽しさを、私なりの言葉でお伝えしたいと思います」と決意を語った。

【写真】その他の写真を見る


 同番組では、古典芸能に興味を持ち始めた視聴者から熱烈なファンまで、幅広い愛好家を対象に、能・文楽・歌舞伎・舞踊・邦楽などの魅力を分かりやすく紹介。この春からは“伝統にひかりを”のテーマを掲げ、日本の伝統芸能や文化など「和」の世界に興味を持つ各界の著名人が出演する新コーナー「私と和」などを設けて、内容をリニューアルして放送する。

 同局での番組司会は1993年の『紅白歌合戦』以来、約22年ぶりだという石田は「オファーをいただいた時は、私で務まるのかなと思いました。プレッシャーを今でも感じています」と不安を口にしながらも「目標はどこまでも高くということで(黒柳)徹子さんを目指して、頑張りたいと思います」と大先輩の名前を挙げて、長寿番組への意欲をにじませていた。

 同番組は、毎週金曜日の午後11時から放送。取材会にはそのほか、同局の秋鹿真人アナウンサーも出席した。



関連写真

  • 約22年ぶりにNHKで司会を務める石田ひかり (C)ORICON NewS inc.
  • 古典芸能番組『にっぽんの芸能』(Eテレ 4月8日スタート)取材会に出席した石田ひかり (C)ORICON NewS inc.
  • 古典芸能番組『にっぽんの芸能』(Eテレ 4月8日スタート)取材会に出席した(左から)秋鹿真人アナウンサー、石田ひかり

オリコントピックス