• ホーム
  • 芸能
  • 昭和の大スター・石原裕次郎邸を訪問 テレビ初公開の“秘密”も

昭和の大スター・石原裕次郎邸を訪問 テレビ初公開の“秘密”も

 タレントの中山秀征が“究極にこだわった家”と家主の思いに迫るKBC・九州朝日放送制作の番組『中山秀征の究極ハウス』 が13日(後1:55〜3:20)にテレビ朝日系で放送される。番組では、“究極にこだわった家”を「究極ハウス」と名付けて紹介。傍目にはちょっと理解不能な“こだわり”を詰め込んだ“夢の家”を訪れ、家主の思いに触れていく。目玉は、昭和の大スター・石原裕次郎邸だ。

【写真】その他の写真を見る


 東京都世田谷区にある石原邸。裕次郎さんを尊敬してやまない中山と、裕次郎さんの甥である石原良純が、家を通して昭和を席巻した大スターの偉大さと素顔を探っていく。

 石原邸に到着した中山&良純を迎えたのは、裕次郎さんの妻・まき子夫人。二人はさっそく開放的なリビングへと向かう。その先で彼らが目にしたのは、まき子夫人もロケ直前までその存在を知らなかったという「具志堅用高から裕次郎への退院祝い」と、幼少期の良純が発見したという「丸みを帯びた部屋の作り」。中山は冒頭から、裕次郎の愛すべき人柄と、知られざる嗜好に舌を巻く。

 実はこの石原邸、まき子夫人は「建てる時に(自分は)ノータッチだった」とか。その代わり、屋内の至るところに裕次郎さんのこだわりがあふれている。廊下には裕次郎さんが大好きだったという絵画を掛けるコーナー、ヨットに乗っている感覚を味わえる娯楽部屋=通称「プレイルーム」、裕次郎さんの手のサイズに合わせた階段の手すり…。インテリアから大スターの知られざる息づかいが伝わってくるようだ。

 裕次郎さんの帰宅を待っている間にまき子夫人が施したという「バラの刺繍の入ったクッション」、裕次郎さんが人知れず設計していた「実は妻仕様にしつらえたメイクルーム」など、夫婦愛をかいま見せるアイテムも。

 タンスの中に今も眠る「裕次郎のブリーフ・コレクション」、「裕次郎が最後に使ったまま保存してある洗面台のキャビネット」など、あっと驚く貴重な品々や(秘)エピソードが続々登場する。

 石原邸のほかにも、ユニークすぎる建築構造や装飾、各部屋の使い道など、全国に点在する“究極ハウス”を紹介しながら、それぞれの家に脈々と流れる家主たちのほとばしる情熱と、唯一無二の人生に迫る。



関連写真

  • 石原裕次郎邸のテレビ初公開の部屋には何が!?(左から)石原まき子夫人、中山秀征、石原良純(C)KBC
  • 3月13日放送、テレビ朝日系『中山秀征の究極ハウス』 (C)KBC
  • アラフォー女子の狭小ハウスを松本明子がリポート(C)KBC
  • 3月13日放送、テレビ朝日系『中山秀征の究極ハウス』家の中のバスケコートに澤部佑(ハライチ)もビックリ!!(C)KBC
  • 3月13日放送、テレビ朝日系『中山秀征の究極ハウス』 石原裕次郎邸を訪問した中山秀征(C)KBC
  • 3月13日放送、テレビ朝日系『中山秀征の究極ハウス』 石原裕次郎邸を訪問した中山秀征(C)KBC

オリコントピックス