• ホーム
  • 映画
  • 多部未華子の本格熱唱シーンが公開 フォークの名曲をカバー

多部未華子の本格熱唱シーンが公開 フォークの名曲をカバー

 女優の多部未華子が主演する映画『あやしい彼女』(4月1日公開)の本編映像が9日、解禁された。多部がザ・フォーク・クルセイダーズの「悲しくてやりきれない」をカバーし、力強くも切ない歌声を披露している。

 同作は、毒舌・皮肉屋・頑固と三拍子のそろった73歳おばあちゃんが、ある日突然20歳の姿に若返ってしまったことから巻き起こる爆笑と感動の物語。劇中で多部が熱唱する数々の音楽も作品の見どころの一つになり、多部が「見上げてごらん夜の星を」、「真赤な太陽」、「悲しくてやりきれない」など60年代の名曲を歌っている。

 本作で多部が主演に抜てきされた理由のひとつは、水田伸生監督がたまたま観劇した舞台(『キレイ〜神様と待ち合わせした女〜2014』)で生歌を聴き、「彼女ならいける」と太鼓判を押したこと。しかし、多部は歌に強い苦手意識を持っていたため、撮影前の多忙なスケジュールの中、3ヶ月もの音楽特訓を敢行。練習に練習を重ねた結果、劇中歌プロデュースとして楽曲のアレンジを手掛けた音楽プロデューサーの小林武史氏に「まるで別人のようになっている」と評されるほどに成長。要潤ら共演者も聴き惚れたことを明かしている。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 映画『あやしい彼女』で歌唱シーンに挑んだ多部未華子 (C)2016「あやカノ」製作委員会  (C)2014 CJ E&M CORPORATION
  • ザ・フォーク・クルセイダーズの「悲しくてやりきれない」をカバー (C)2016「あやカノ」製作委員会  (C)2014 CJ E&M CORPORATION

オリコントピックス