『境界のRINNE』第2期OPはPile、EDはGLIM SPANKY

 4月9日からNHK Eテレで放送開始されるアニメ『境界のRINNE』(毎週土曜 後5:30)第2シリーズのテーマ曲が決まり、オープニングはPileの新曲「Melody」、エンディングはGLIM SPANKYの「話をしよう」が起用された。

 原作は、『うる星やつら』『らんま1/2』などを生み出した人気漫画家・高橋留美子氏の最新作(小学館『週刊少年サンデー』連載中)。同じ高校に通う死神“みたいな”少年・六道りんねと、同級生で霊が見える少女・真宮桜が、学校中から寄せられる霊の悩みを解決する学園&霊界ラブコメディー。

 第2シリーズのOPテーマに起用されたのは、人気アニメ『ラブライブ!』で声優を務め、昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』に「μ’s」のメンバーとして初出場を果たしたPileの新曲「Melody」。明るくスピード感のある楽曲でオープニングを飾る。

 EDテーマ「話をしよう」を書き下ろしたGLIM SPANKYの松尾レミ(Vo&G)は「アニメを見終わった後に心にそっと響くような、誰しも感じる心の内側を描きたいなと思い、この曲を作りました。りんねと桜や、聴いてくれる皆にとって、共に寄り添って、ぽんっと背中を押してくれる一曲になりますように」とコメント。亀本寛貴(G)は「原作やアニメの過去の放送分を見て、エンディングで流れるのをイメージしながら作りました。『境界のRINNE』にピッタリの楽曲になったと思います!」と自信をにじませている。

 ともにCDの発売日は未定。



関連写真

  • アニメ『境界のRINNE』(C)高橋留美子・小学館/NHK・NEP・ShoPro
  • オープニングテーマを担当するPile
  • エンディングテーマを担当するGLIM SPANKY

オリコントピックス