• ホーム
  • 音楽
  • 小室哲哉&つんく♂のコラボ楽曲 4月OAなのに「まだできていない」

小室哲哉&つんく♂のコラボ楽曲 4月OAなのに「まだできていない」

 NHKで9日、海外向けの日本の音楽情報番組『J-MELO』の会見が行われ、音楽プロデューサーの小室哲哉、番組司会の歌手・May J.、4月からエンディングテーマ曲を歌う歌手のLiSAが出席した。会見の主旨は、新年度から使用する新オープニングテーマ曲を、つんく♂が作詞、小室が作曲、May J.が歌唱でタッグを組むことを発表するものだったが、「いま制作中でして…」と小室。「とりあえず僕が曲を作ろうか、ということですでにつんく♂には送っているんだけど、歌詞がまだ。May J.が一番心配していると思うけど」、と現状を明かし、「間に合わないと大変」と笑いにまぎらせた。

【写真】その他の写真を見る


 番組は、同局の外国人向けテレビ国際放送「NHKワールドTV」や、BSプレミアムで放送されており、昨年、放送開始10周年を迎えた。その記念本が出版された際、小室とつんく♂の対談記事が掲載され、「二人で何かコラボレーションができたら」という話が現実となった。

 新オープニング&エンディング曲は、NHKワールドTVで4月3日深夜の放送から、BSプレミアムで同9日深夜の放送から放送予定。歌詞が遅れていることについて小室は「共作って難しい。作詞作曲を一人でやる方が楽なので。世界発信される曲ということを考えると、歌詞のほうが大変。今回は僕が歌詞担当でなくてよかった」とフォロー。すでにでき上がっている曲は「ミディアムテンポの明るい曲で、一度聴いただけでもすぐに口ずさめるような曲を心がけて作りました」と説明した。

 つんく♂からは「僕は過去にも『J-MELO』のオープニング曲のプロデュースで何度も携わってきましたが、今回はなんと、小室さんと一緒にタッグが組めるということでとても、心、興奮しております。よろしくお願いします! そして、その曲をMay J.が歌うということで、緊張してたりするのでしょうか… 肩の力を抜き、深呼吸。うん、大丈夫! May J.の透き通る歌声が世界中に轟(とどろ)くのをたのしみにしております! どうか皆さま、まもなくですので、期待しててくださいね!」とコメントが寄せられ、May J.は「とても楽しみにしています」と話していた。

 LiSAが担当するエンディング曲は、世界中の視聴者から「あなたの国のライブで盛り上がる言葉やフレーズ」を募集し、それをもとに楽曲を制作。「“愛”を意味するいろんな国の言葉が歌詞に使われています。海外のアーティストが日本語で『ありがとう』と言ってくれるだけでも感動するように、自分たちの国の言葉が入っていると知ったら喜んでくれるのではないかな。海外でライブをするのが楽しみになっています」と話していた。

 24時間英語放送している「NHKワールドTV」を国内で視聴するには、ケーブルテレビまたはパソコンでのライブストリーミング、無料アプリをダウンロードしてスマートフォンでも視聴できる。

■放送情報
海外向けNHKワールドTV:毎週日曜 深0:10〜0:38ほか
国内向けBSプレミアム:毎週土曜 深2:40〜3:08



関連写真

  • NHK音楽情報番組『J-MELO』の会見に出席した(左から)May J.、小室哲哉、LiSA (C)ORICON NewS inc.
  • 新オープニング曲の作曲を担当した小室哲哉 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK音楽情報番組『J-MELO』の会見に出席したMay J. (C)ORICON NewS inc.
  • NHK音楽情報番組『J-MELO』の会見に出席したLiSA (C)ORICON NewS inc.
  • NHK音楽情報番組『J-MELO』の会見に出席した(左から)May J.、小室哲哉、LiSA (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス