• ホーム
  • スポーツ
  • 高橋大輔氏、フジ“フィギュア中継の顔”に 来季ナビゲーターに決定

高橋大輔氏、フジ“フィギュア中継の顔”に 来季ナビゲーターに決定

 フィギュアスケートのバンクーバー五輪銅メダリストで、2014年に現役を引退した高橋大輔氏(29)が、フジテレビで5夜連続で中継する『世界フィギュアスケート選手権2016』(31日〜4月4日)にゲスト出演することが9日、わかった。さらに、来年度(2016/2017シーズン)からは“フジテレビ・フィギュアスケート中継の顔”として、「ナビゲーター」に就任することも決まった。

 31日(日本時間)からアメリカ・ボストン開幕する、シーズン最後の大舞台となる同大会。2年後に迫った平昌オリンピックのメダル争いをも占う今大会の注目は、昨年大会で惜しくも銀メダルに終わった羽生結弦(21)の“世界王者奪還”をはじめ、今シーズンからシニアデビューを果たした宇野昌磨(18)、四大陸フィギュアスケート選手権で優勝した宮原知子(18)、今シーズン大躍進の本郷理華(19)、そして一年の休養を経て見事復帰を果たし完全復活が期待される“女王”浅田真央(25)と、日本勢は男女ともに豪華メンバーがそろい踏みだ。

 引退後初めて立場を変えてフィギュアスケート中継の舞台に戻ってくる橋氏は「世界最高峰の戦いに参戦する日本代表選手を、中継を通じ応援できることを楽しみにしています。日本代表の皆さんが自分の力を発揮できるよう願っています。来シーズンからは“ナビゲーター”として皆さまにもっとフィギュアスケートを楽しんでいただけるよう努めてまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!」とコメント。

 来季から“中継の顔”として「ナビゲーター」に就任する高橋氏に加納慎介プロデューサーは「スタッフ一同心強く、そして大変うれしく思っております」といい「これまで以上に臨場感あふれるフィギュアスケート中継をナビゲートしていただき、新しいスタイルの番組を視聴者の皆さまにお届けできればと思っています」と期待を寄せている。

『世界フィギュアスケート選手権2016』

■3月31日(木)午後7時〜9時30分「男子ショートプログラム」
■4月1日(金)午後7時〜9時30分「女子ショートプログラム」
 深夜1時10分〜2時10分「アイスダンス・フリーダンス」
■4月2日(土)午後7時〜9時30分「男子フリー」
■4月3日(日)午後7時〜9時54分「女子フリー」
 深夜1時30分〜2時30分「ペア・フリー」
■4月4日(月)午後7時〜8時54分「エキシビション」



オリコントピックス