• ホーム
  • 映画
  • 岡田准一、感激 皇太子ご一家が主演映画観賞 ネパール大地震復興チャリティー

岡田准一、感激 皇太子ご一家が主演映画観賞 ネパール大地震復興チャリティー

 皇太子ご一家は8日、東京・六本木で映画『エヴェレスト 神々の山嶺』(3月12日公開)のネパール大地震復興支援チャリティー試写会に出席した。ご一家そろって映画を鑑賞されるのは2009年の米映画『HACHI 約束の犬』以来、約7年ぶり。会場では、主演の岡田准一、平山秀幸監督、原作者の夢枕獏氏がご一家を出迎え、一緒に鑑賞した。

【写真】その他の写真を見る


 映画は、エベレストを舞台に前人未踏の“冬季南西壁単独無酸素登頂”に挑む登山家・羽生(阿部寛)と、その挑戦を見届けることを決意した山岳カメラマン・深町(岡田)が共に世界の頂を目指す姿を描く。美しくも厳しいヒマラヤ山脈の映像と俳優たちの身体を張った熱演が胸を打つ。

 上映後、登山を趣味にされている皇太子さまは、岡田たちにご自身の登山経験をお話されたり、この映画が標高5200メートル地点で撮影されたと聞いて驚かれたり、「岡田さんと阿部さんのパワフルなお芝居に感心されていました」(平山監督)。

 岡田は「愛に包まれた時間を過ごさせていただけたと思うし、自分も頑張らなければと、芝居についても上を目指したいと思えるような気持ちになった」と光栄の至り。隣に着席された愛子さまと上映前に談笑していたが、その時の会話の内容は「秘密です、それは秘密です」と照れながらも、「『試験期間中ですか?』『いや、もう終わりました』というようなお話をしたり、僕の出演作を何作か観ていただいているというお話をさせていただきました」と明かしていた。

 皇太子さまとは大河ドラマ『軍師官兵衛』(14年、NHK)を観ていたという話にもなり、「光栄に思いました」と岡田。皇太子さまの隣で鑑賞した平山監督は「高所恐怖症ですね?と言われて、なんでそんな情報が伝わっているのかびっくりしました」。

 日本も東日本大震災からまもなく5年の節目を迎えるが、岡田は「ネパールでも地震が起こり、復興できていない現状があります。傷跡の残る中で忘れずに僕らも思いつつけなければいけない。そういったことを殿下たちもお考えになられているという深い愛を感じることができて、震災のことももっと考えようと思わせてくれる時間を過ごさせていただきました」と襟を正していた。



関連写真

  • 映画『エヴェレスト 神々の山嶺』のチャリティー試写会に出席した皇太子ご夫妻と長女の愛子さま
  • 登山が趣味の皇太子さまは映画に強い関心を寄せていた
  • 映画『エヴェレスト 神々の山嶺』(3月12日公開)(C)2016「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

オリコントピックス