• ホーム
  • 芸能
  • AKB新曲センター宮脇咲良、インフルでダウン

AKB新曲センター宮脇咲良、インフルでダウン

 人気アイドルグループ・AKB48の新曲「君はメロディー」(9日発売)で初の単独センターを務めるHKT48兼AKB48の宮脇咲良(17)がインフルエンザと診断され、グループの活動を休むことが7日、両グループの公式サイトで発表された。

 復帰時期は明らかになっていないが、「お医者さまの許可が出て、また元気な姿をお見せできるようになるまで、お時間をいただきますことをご報告させていただきます」としている。

 宮脇は、前田敦子大島優子ら卒業生も参加するAKB48の10周年記念シングルで自身初の単独センターに抜てき。発売日の9日には、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われるチームA公演『M.T.に捧ぐ』に出演予定だったが休演となり、代役はチーム4の村山彩希(18)が務める。

 11日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』では新曲を披露する予定だが、復帰が間に合うかは明らかになっていない。

 なお、同じHKT48兼AKB48の矢吹奈子(14)もインフルエンザB型と診断され、9日に福岡・博多のHKT48劇場で行われる公演を休演する。



オリコントピックス