• ホーム
  • 芸能
  • 全国お笑いサークル団体戦『NOROSHI2016』優勝は“チーム赤組”

全国お笑いサークル団体戦『NOROSHI2016』優勝は“チーム赤組”

 全国一おもしろいお笑いサークルを決定する団体戦『NOROSHI2016』の決勝大会が7日、東京・新宿のルミネtheよしもとで行われ、創価大学の“チーム赤組”が優勝した。準優勝のチームとわずか1点差という僅差での接戦を制して「どこが1位になってもおかしくない形だったので、良かったです」と喜びを爆発させた。

【写真】その他の写真を見る


 同大会は、お笑いサークルに所属する現役大学生で構成された3名以上のチームが、漫才・コント・ピンの3種目で勝負。エントリー数総勢26大学160組から、決勝にはパテの輿(早稲田大学お笑い工房LUDO)、どうにかなる日々(帝京大学お笑いサークル ア☆テンション)、チーム世界湯(早稲田大学お笑い工房LUDO)、優しいチョップ(青山学院大学ナショグルお笑い愛好会)、脱亜論(慶應義塾大学お笑い道場O-keis)、チーム赤組(創価大学落語研究会)、チームノイフランク(一橋お笑いサークルIOK)、JAPAN4EVER(早稲田大学お笑い工房LUDO)の8組が出場した。

 審査員と会場審査により、優勝はチーム赤組、準優勝はチームノイフランク、審査員賞にはJAPAN4EVERが選ばれた。司会を務めたジャルジャルは「漫才もめちゃめちゃ上手かったし、ピンネタも良かった。最後の方はデッカイ笑いもきてましたし、スキがなかったですね」と絶賛。チーム赤組のメンバー・浦野達弥さんは「去年6位だったので、今年は絶対優勝したいと思ってたので、うれしかったです。どこも手強かったので、自信は五分五分でした」と念願の王座をかみしめた。

 ジャルジャルの後藤淳平は、同チームの紅一点・小佐野美紀さんに「ホンマの美女だと笑いにくい。(小佐野さんは)かわいらしいんですけど、ちょうど良いラインの脚の太さだったり、下半身のしっかり具合とかも良かった」と祝福のイジり。小佐野さんも「脚の太さですか?」と笑い飛ばしながら「準決勝のMCが囲碁将棋さんで、その時も『抱けるちゃあ抱ける』って言われたので、そうなんだろうなって感じですね」と切り返していた。



関連写真

  • 全国一おもしろいお笑いサークルを決定する団体戦『NOROSHI2016』で優勝した創価大学の“チーム赤組” (C)ORICON NewS inc.
  • 司会を務めたジャルジャル (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)ジャルジャル、準優勝のチームノイフランク、優勝のチーム赤組、審査員賞のJAPAN4EVER (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス