• ホーム
  • 音楽
  • CHEMISTRY、4年ぶりコメント発信 デビュー15周年記念日に

CHEMISTRY、4年ぶりコメント発信 デビュー15周年記念日に

 活動休止中の男性デュオ・CHEMISTRYがデビュー15周年記念日を迎えた7日、公式サイトで川畑要堂珍嘉邦がコメントを公開した。現在、ソロで活動する2人がCHEMISTRYとして公式にコメントを発信するのは、2012年4月の活動休止発表以来4年ぶりとなる。

 川畑は「本日2016年3月7日、CHEMISTRYデビュー15周年を迎えました。今はそれぞれがソロ活動という形で音楽を追求している日々ですが、僕たちがこうやって歌い続けていられるのは、応援して下さっている皆さんのおかげです。15年間CHEMISTRYを愛し、変わらぬ応援ありがとうございます。これからも20年、30年と声を届けていきたいと思っていますので、宜しくお願いします!」とファンに感謝。

 堂珍も「今年でデビュー15周年。声が枯れるまで歌う事の出来る場所にいられるのも、支えてくださるファンの皆様と全てのスタッフの方々のおかげです。迷わぬ心で大切に15周年を走り続けていきますので、これからも応援よろしくお願いします!」と呼びかけている。

 CHEMISTRYは、テレビ東京系『ASAYAN超男子。オーディション』で約2万人の候補者の中から選ばれた川畑と堂珍で結成され、01年3月7日にシングル「PIECES OF A DREAM」でデビュー。同曲は16週連続TOP10入りの驚異的なロングセラーとなり、いきなりのミリオンヒットを叩きだした。12年4月、デビュー10周年イヤーのフィナーレを飾る全国ツアーを最後に、ソロ活動に専念するとして活動を休止した。



オリコントピックス