• ホーム
  • 芸能
  • 『ママたちが非常事態!?』第2弾放送 NHKスペシャル

『ママたちが非常事態!?』第2弾放送 NHKスペシャル


 1月31日に放送されたNHKスペシャル『ママたちが非常事態!?』の第2弾が今月27日(後9:00〜9:49)にNHK総合で放送される。今回は『〜最新科学で迫るニッポンの子育て〜(仮)』と題し、「夜泣き・人見知り・イヤイヤ」といった悩ましい行動の裏にある子どもの脳の不思議や、「イクメン」パパの脳や体に起きる思いがけない変化の謎に迫る。

 前回の放送では、育児で深い孤独や不安を感じる現代ニッポンのママたちの問題に科学の視点で迫り、「育児がつらい本当の理由がわかって救われた!」など、大きな反響があった。

 「育児がつらすぎる」「わが子がかわいいと思えない」など、子育てに悲痛な叫び声を上げている現代ニッポンの母親たち。核家族化が進み、夫も多忙で不在がちな中で、母親一人がわが子に向き合う孤立した子育て=“孤育て”。その孤独感に耐えられず、「ママ友」と呼ばれる母親同士のつながりを求める日本特有の社会現象も起きている。なぜ母親たちは、これほど育児に苦しめられているのか?

 番組では、女性が子を産み、母親になることで脳や体に変化が起きていることを紹介。「子育てがつらいのはお母さん、あなたのせいではない」と、脳科学・生理学・進化学など、最新の科学をもとに説いていく。

 それは、人類誕生以来、長い進化の歴史の中で培われてきた「人間本来の子育て」が本能的に現代の母親にも宿り続けていることが、母親たちの苦悩につながっているという内容だった。

 第2弾では、「大変な育児が少しでも楽になる科学的なヒントはないの?」、「男性と育児の関わりはどうなっているの?」という2つの疑問に、最新の研究をもとに答えていく。

 「夜泣きは空腹のサインじゃなかった?」「人見知りは他人が怖くて泣くんじゃない?」などなど“目からウロコ”の育児情報、さらに子育て中の夫婦の不和を解消するヒントも紹介する。育児に積極的な男性の体内では、子育て中の母親と同じように“愛情を司るホルモン”が多く分泌されることが判明。このホルモンが男性に引き起こす変化が鍵を握る。

 出演は、恵俊彰眞鍋かをり虻川美穂子ユージ。24日深夜(=25日 前1:00)に第1弾の再放送あり。



関連写真

  • NHKスペシャル『ママたちが非常事態!?』第2弾、3月27日放送決定(C)NHK
  • 「我慢できる脳」を育てるアメリカの最新研究を紹介(C)NHK
  • 人見知りで泣く原因を探る科学実験の様子(C)NHK
タグ

オリコントピックス