• ホーム
  • 映画
  • 【日本アカデミー賞】二宮和也が最優秀主演男優賞 初の栄冠に「現実味ない」

【日本アカデミー賞】二宮和也が最優秀主演男優賞 初の栄冠に「現実味ない」

 『第39回日本アカデミー賞』の授賞式が4日、都内で開催され二宮和也が映画『母と暮せば』(山田洋次監督)で最優秀主演男優賞を受賞した。昨年の同賞を映画『永遠の0』で主演した事務所の先輩であるV6・岡田准一が受賞しており、二宮は「二年連続で先輩の次にこれをいただくのはすごくうれしい」と胸を張った。

【写真】その他の写真を見る


 昨年は岡田の受賞シーンをテレビ越しに観て、悔しさを感じていたという二宮。「この姿を嵐の人たちも絶対、見てくれてると思うし、喜んでくれていると思います。ジャニーさんとジュリーさんとメリーさんと、今までずっと迷惑をかけてきた方に、これでちょっとは恩返しができたかな。すごくありがたく、また頑張っていこうと思います」と更なる飛躍を誓い「きょうはすごくいい酒が飲めそうです」と笑顔。スピーチを終えると、万雷の拍手を浴びた。

 終了後の囲み取材でも「状況の整理がつかないというか、現実味がないですね。呼ばれた時に全部飛んでいっちゃいました。うれしくて、うれしくてしょうがないのに泣けもしないし、喜べもしなかった。なんだ!? って感じで」と興奮冷めやらぬ様子。トロフィーを片手に持ち「家の一番目立って毎日、拝めるような場所に飾りたい」と満面の笑みで語った。

 同作は、『父と暮せば』などの戯曲で有名な井上ひさしさんの遺志を山田監督が受け継ぎ、原爆で亡くなった息子が亡霊となって舞い戻る姿を描く人間ドラマ。

 優秀主演男優賞はそのほか、内野聖陽/『海難1890』、大泉洋/『駆込み女と駆け出し男』、佐藤浩市/『起終点駅 ターミナル』、役所広司/『日本のいちばん長い日』が受賞した。



関連写真

  • 二宮和也が映画『母と暮らせば』で『日本アカデミー賞』最優秀主演男優賞を受賞 (C)ORICON NewS inc.
  • 授賞式の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』新人俳優賞を受賞した広瀬すず (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』最優秀助演女優賞を受賞した黒木華 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』最優秀助演女優賞を受賞した黒木華 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』最優秀助演男優賞を受賞した本木雅弘 (C)ORICON NewS inc.
  • 左手首骨折…樹木希林にリードされて登壇した吉永小百合=『第39回日本アカデミー賞』授賞式 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』最優秀主演女優賞を受賞した安藤サクラ (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』最優秀主演女優賞を受賞した安藤サクラ (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』新人俳優賞を受賞した有村架純 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス