• ホーム
  • 芸能
  • 岡田准一“超ひらパー兄さん”が愛ゆえに暴走「遊園地を超えた遊園地に」

岡田准一“超ひらパー兄さん”が愛ゆえに暴走「遊園地を超えた遊園地に」

 人気グループ・V6のメンバーで俳優の岡田准一が出演する大阪・枚方市の遊園地『ひらかたパーク』新CMが、5日より関西地区にて放送開始される。岡田が“超ひらパー兄さん”に扮する同シリーズは話題を呼び、CM放送以来2年連続で年間来園者数100万人を達成。新作は「園長、暴走。」と題し、「こんなところで満足してたらあかん」とイメージを一新した衣装でユニークな施策をアピールする内容となっている。

 『愛ゆえに』篇では、黒光りのパーカにサングラス、ギザギザの肩当てという出で立ちを披露。アトラクションに乗って登場した岡田が「園長、暴走。」とタイトルの後に「愛ゆえに」とつぶやく。撮影では、本人も思わず吹き出してしまったという大胆イメチェンを果たすが、子どもに肩当てを触らせて「意外と柔らかいだろ」と優しい一面もみせる。

 今回の「園長、暴走。」施策第一弾として同所では10台に1台、なんと外が見えない観覧車「ロシアン観覧車」が登場。新CM『ロシアン観覧車』篇では見えるはずの枚方の景色が見えない、風景写真集とスタッフの音声案内で見えていたはずの景色を紹介するという斬新すぎるこの観覧車を岡田が「優しいやろ?」とアピールする。

 岡田は“園長”の「本年のごあいさつ」として「まだまだひらパーは、こんなところで満足してたらあかん。もっとみんなが驚く、誰も見たことがないような、遊園地を超えた遊園地にしていきたい。だから、今年の園長はひらパーのために遠慮なく全力で暴走していこうと思っているので、みんなもシッカリついてきてほしいで、おま」と呼びかけている。



オリコントピックス