• ホーム
  • 映画
  • 【日本アカデミー賞】黒木華が最優秀助演女優賞 史上2人目の2年連続受賞

【日本アカデミー賞】黒木華が最優秀助演女優賞 史上2人目の2年連続受賞

 『第39回日本アカデミー賞』の授賞式が4日、都内で開催され女優・黒木華が映画『母と暮せば』(山田洋次監督)で最優秀助演女優賞を受賞した。黒木にとっては、昨年の山田監督作品『小さいおうち』に続いて2年連続で同賞を受賞し、「これからも地道に精進していきたい」と喜びを語った。

【写真】その他の写真を見る


 黒木は「2回もこの場に立てると思っていなかった」と驚き、一瞬言葉に詰まりながらも「山田監督に感謝してもしきれない。映画館に観に来てくださったお客さんのおかげです」とスピーチ。撮影中は嵐の二宮和也とけん玉を通じて打ち解けたエピソードを話したが、二宮は「隅っこで監督に隠れながらやっていたので、まさかここでバラされるとは」と焦っていた。

 2年連続で同賞を受賞したのは、第32回(『おくりびと』)と第33回(『ディア・ドクター』)の余貴美子以来、史上2人目の快挙となる。

 同作は、『父と暮せば』などの戯曲で有名な井上ひさしさんの遺志を山田監督が受け継ぎ、原爆で亡くなった息子が亡霊となって舞い戻る姿を描く人間ドラマ。黒木は二宮演じる息子の婚約者を演じた。

 優秀助演女優賞はそのほか、夏帆/『海街diary』、長澤まさみ/『海街diary』、満島ひかり/『駆込み女と駆出し男』、吉田羊/『映画 ビリギャル』が受賞した。



関連写真

  • 映画『母と暮せば』で『第39回日本アカデミー賞』最優秀助演女優賞を受賞した黒木華 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』授賞式の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『母と暮せば』で『第39回日本アカデミー賞』最優秀助演女優賞を受賞した黒木華 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』最優秀主演女優賞を受賞した安藤サクラ (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』新人俳優賞を受賞した有村架純 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』授賞式に出席した綾瀬はるか (C)ORICON NewS inc.
  • 左手首骨折…樹木希林にリードされて登壇した吉永小百合=『第39回日本アカデミー賞』授賞式 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』最優秀作品賞を受賞した映画『海街diary』4姉妹(左から)夏帆、綾瀬はるか、長澤まさみ、広瀬すず (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』最優秀主演女優賞を受賞した安藤サクラ (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』新人俳優賞を受賞した広瀬すず (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』最優秀助演男優賞を受賞した本木雅弘 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス