• ホーム
  • 芸能
  • TBS小林悠アナ“健康上の理由”で退社「直接ご挨拶もできず申し訳ありません」

TBS小林悠アナ“健康上の理由”で退社「直接ご挨拶もできず申し訳ありません」

 TBSの小林悠(30)が、きょう4日付けで同局を依願退職したことがわかった。同局が発表した。

 小林アナは「突然のご報告となりますが、このたび健康上の理由で退社することになりました。入社以来見守っていただいたみなさんには深く感謝申し上げます。直接ご挨拶もできず申し訳ありませんが、本当にありがとうございました」とコメント。

 また、金曜パーソナリティーを務めるラジオ『たまむすび』のきょうの生放送を体調不良で欠席していたが、番組エンディングでも小林アナのコメントを紹介。「リスナーの皆様には、直接ごあいさつもできず申し訳ありませんが、これまで長い間『たまむすび』を聞いていただき、ありがとうございました」と、リスナーに謝罪と感謝の気持ちを伝えた。

 4年間ともに金曜日を担当してきたパートナーの玉袋筋太郎は、寂しそうに「人生は出会いですから。すれ違いかもしれないけど、それも楽しくやらせてもらったから。またどこかですれ違うかもしれないし、その時は小林さんと楽しくやらせてもらいたいし」と語るも、最後は餞の言葉として明るく「バカヤロー!」とエールを送った。

 小林アナは、今月28日から同局の看板報道番組である『NEWS23』(月〜木曜 後11:00、金曜 後11:30)の出演を予定していが、きのう3日に行われた4月の改編説明会で小林アナに代わって駒田健吾アナ(41)、皆川玲奈アナ(24)を起用することを発表。小林アナが出演をやめた理由について「体調不良のため」と説明していた。



オリコントピックス