• ホーム
  • 芸能
  • フジ“火9”、生瀬勝久&高島彩で新バラエティー

フジ“火9”、生瀬勝久&高島彩で新バラエティー

 昨年4月にドラマ枠からバラエティー枠に変更されたフジテレビ系の“火9”。この1年間は2度のリニューアルを繰り返し、定着しなかったが4月から新番組『ニッポンのぞき見太郎』(毎週火曜 後9:00)をスタートさせることがわかった。

 番組は、日常生活における日本人のさまざまな行動パターンについて、世代別・都道府県別に約1万5千人にアンケート調査を実施し、その結果から、自分の行動が少数派か多数派かを知るバラエティー。

 先月21日に全国ネットの単発バラエティーとして放送された『ニッポンのぞき見太郎 あなたは多数派?少数派?』をレギュラー化。国民の声を映し出す大規模な“のぞき見アンケート”(1万5000人規模予定)を実施し、日本人の生態をリアル調査。日本の人口1億3000万人の男女別、世代別、都道府県別などの比率データを加味し、“あなた”のいつもの行動が、“多数派”か“少数派”かもわかってくる。

 他人には言えない日常生活の秘密や、自分たちは当たり前すぎて気付かなかった都道府県別に見られる特性など、日本人の気になるパーセンテージを徹底調査することで、全く新しい形の「日本人の生態図鑑」を描き出す。

 司会は単発番組に続いて俳優の生瀬勝久、フリーアナウンサーの高島彩が担当。生瀬は「気負わず一生懸命やるだけです。自分もテレビが大好きなので、観ている方と同じ目線で、視聴者としての自分が見たい番組にしていきたいです。番組内で僕が脱線したら、(高島に)元に戻してほしいです(笑)。本当に頼りにしています」と抱負。

 生瀬の司会ぶりについて高島は「役者としての生瀬さんとは違う、面白くてちょっと変わった一面が見られて楽しかった」と感想。「意外に二人とも自由と言いますか、言いたいことを言っていた感じですので、今後も型にはまらず行けたらいいですね」と呼びかけた。また、第2子を妊娠中の高島は「出産には立ち会った方がいいのか、実際に立ち会ってよかったかどうかとか、出産や産後に関することを知りたい」と興味を示していた。



オリコントピックス