• ホーム
  • 芸能
  • 「シス・カンパニー」代表・北村明子氏、女性で初の『渡辺晋賞』受賞

「シス・カンパニー」代表・北村明子氏、女性で初の『渡辺晋賞』受賞

 演劇プロデューサーで芸能プロダクション「シス・カンパニー」代表取締役の北村明子氏が、エンターテインメント業界における新しい感性のプロデューサーを顕彰する『第11回 渡辺晋賞』を受賞し2日、都内で行われた授賞式に出席。北村氏は「この素晴らしい賞を励みに、もっともっと作品を発表し続けていきたい!」と受賞を喜んだ。

 北村氏は演劇プロデューサーとして、蜷川幸雄氏、三谷幸喜氏、ケラリーノ・サンドロヴィッチ氏など日本を代表する演出家を次々に起用し、数々の作品を意欲的に制作。北村氏のプロデュース作品はさまざまな賞を受賞し、常に高い評価を受け続けている。

 また、舞台制作と両輪をなす演出家、俳優マネージメントでは「シス・カンパニー」代表取締役として、堤真一高橋克実杉本哲太、三谷幸喜ら、日本を代表する個性豊かな実力派俳優、演出家をマネージメント。常に所属俳優が輝く方法を模索し、3年先の舞台作品を準備し続けるというパワフルでエネルギッシュな活動は日本のエンターテインメントシーンに良質な作品を提供しおり、これら数々の業績を称えられての受賞となった。

 北村氏は「過去10年間の受賞者を振り返るとそうそうたる方々が受賞されています。プロデューサーという、ある意味『裏方』でもある仕事に光を当てる、非常に有意義で重みのある賞を受賞できて光栄です」とあいさつ。

 「役者を目指して上京し、演劇の世界には役者ばかりでなく、裏側で活躍する人たちがいることを知り、プロデューサーという仕事に幸運にも巡り合いました」と振り返りつつ「それからは、年間5回、全力で取り組んできたことが評価され、うれしい気持ちでいっぱいです。私に続いて、もっと女性がこのような賞をもらえるような状況を作っていただければありがたいと思います」とコメントした。

■過去の受賞者(敬称略)
第1回:亀山千広(フジテレビプロデューサー、代表作『踊る大捜査線』)
第2回:鈴木敏夫(スタジオジブリプロデューサー)
第3回:本多一夫(本多劇場グループ代表)
第4回:松浦勝人(エイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役社長)
第5回:秋元康AKB48プロデューサー)
第6回:三枝成彰(作曲家・音楽プロデューサー)
第7回:大里洋吉(芸能事務所・アミューズ会長)
第8回:三谷幸喜(劇作家・脚本家・演出家・俳優・映画監督)
第9回:松任谷正隆(音楽プロデューサー・キーボーディスト・作曲家)
第10回:小山薫堂(放送作家・脚本家)



タグ

オリコントピックス