• ホーム
  • 芸能
  • テレビ東京、4月改編「週末ゴールデン帯を強化」

テレビ東京、4月改編「週末ゴールデン帯を強化」

 テレビ東京は2日、都内で4月改編の説明会を開催。改編率にしてゴールデンタイム(GH/後7:00〜10:00)42.1%、プライムタイム(PT/後7:00〜11:00)33.0%、全日53.9%という大幅な改編を敢行する。既存の番組の枠移行、枠の短縮・拡大がほとんどで、高野学編成部長は「タイムテーブルを隅々まで見直し、これまで同様に“テレビ東京らしさ”を追求した」と、している。

 同局の2015年下期の視聴率はGH6.9%(前年‐0.1%)、PT6.5%(前年−0.1%)、全日3.1%(前年と同じ)となっており、「木曜から日曜の週末にかけて落ち込む傾向が見られる」と分析した上で「週末GHの強化」を打ち出している。

 演歌・歌謡曲のステージを公開収録で届ける音楽番組、“モクハチ”『木曜8時のコンサート〜名曲!にっぽんの歌〜』が4月から“キンナナ”『金曜7時のコンサート〜』に枠移行。MCは引き続き宮本隆治松丸友紀アナウンサーが務める。60代、70代の視聴者層に根強い人気のある番組から『金曜8時のドラマ』に直結させることで視聴習慣を促していく。4月期の“金8ドラマ”は谷原章介主演の『ドクター調査班〜医療事故の闇を暴け〜』を放送する。

 4月からの“木8”では、日曜ビッグバラエティで3回放送され、好評だった『世界!ニッポン行きたい人グランプリ』をレギュラー化した新番組『世界!ニッポン行きたい人応援団』(毎週木曜 後7:58〜8:54)がスタート。団長として織田信成、団員として高橋茂雄サバンナ)、眞鍋かをりが出演する。

 土曜は午後6時から『超ポンコツさまぁ〜ず(仮)』が登場。児嶋一哉アンジャッシュ)と狩野英孝、女性ゲストの3人が“カラオケマシンを載せた特別車”に乗り、出会った人々の歌声を燃料に、テレビ東京から北海道を目指すチャレンジ企画の第2弾。前回の企画では1年半かかってゴールの鹿児島までたどりつくことができたが、今回はどれくらいでたどりつけるのか予測不能なロードムービーをさまぁ〜ずの二人がツッコミを入れながら厳しくも優しいまなざしで見守っていく。

 その後、午後6時半からは『土曜スペシャル』を1時間半枠に短縮して放送。俳優の内藤剛志が社長を務める「ナイトウ旅行社」を舞台に、魅力あふれる旅行プランをプレゼンテーションしていく。映画化もされた『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』などの人気シリーズは、2時間半のスペシャル番組として不定期放送される。

 土曜午後8時には、土曜深夜に放送されている『家、ついて行ってイイですか?』が進出。終電を逃した人の家について行き、素朴ですてきな人生ドラマをひも解いていく。週末のゴールデンタイムを“テレ東”らしい素人ロケバラエティーで勝負する。出演はビビる大木矢作兼おぎやはぎ)、鷲見玲奈アナウンサーが務める。



タグ

オリコントピックス