• ホーム
  • 映画
  • 二階堂ふみ、64歳・大杉漣は「チャーミング」 パン屋でのウキウキ姿明かす

二階堂ふみ、64歳・大杉漣は「チャーミング」 パン屋でのウキウキ姿明かす

 女優の二階堂ふみ(21)が2日、都内で行われた映画『蜜のあわれ』(4月1日公開)試写会後トークイベントに登場。同作の見どころを「この映画は、見る人に対して自由な作品。それぞれがどういうことを思っても正解がない。そういう作品に関わることができて、とてもありがたい」とアピールした。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、金魚の姿を持つ少女と老作家を描いた室生犀星氏の小説を映画化した文芸ファンタジー。ある時は少女、またある時は赤い金魚であるヒロインを二階堂、老作家を大杉漣(64)が演じる。

 二階堂は、大杉の印象について「たくさんの引き出しを開けていただいた。現場にいて、背中を見ているだけで『受け継いでいかなきゃ』って思うことができた」と絶賛。また、撮影合間に大杉やスタッフとパン屋を訪れた時のことを振り返り「その時に大杉さんが、すごくうれしそうにパンを選んでらっしゃった。それが(劇中の)作家の愛嬌みたいなものにもつながっていたので、とても魅力的でチャーミングな方だなと思いました」と笑顔を見せていた。

 トークイベントにはそのほか、歌人の穂村弘、石井岳龍監督も登場した。



関連写真

  • 映画『蜜のあわれ』(4月1日公開)試写会後トークイベントに登場した二階堂ふみ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『蜜のあわれ』(4月1日公開)試写会後トークイベントに登場した(左から)石井岳龍監、二階堂ふみ、穂村弘 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『蜜のあわれ』(4月1日公開)試写会後トークイベントに登場した二階堂ふみ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス