• ホーム
  • 芸能
  • 大杉漣、「俳優として“出会うべき作品”」 名曲「神田川」をドラマ化

大杉漣、「俳優として“出会うべき作品”」 名曲「神田川」をドラマ化

 「主人公・和雄は、43年前のぼく自身の姿だったのかも知れません」と語るのは俳優の大杉漣(64)。BSジャパンで12 日(後9:00)に放送される『BSジャパン開局15 周年特別企画 ドラマスペシャル 青春の名曲ストーリー 赤いスイートピー 神田川』で、“昭和の名曲”「神田川」(南こうせつかぐや姫/1973年発売)をモチーフにしたドラマに出演しての感想だ。

【写真】その他の写真を見る


 「♪あなたはもう忘れたかしら」の一節からはじまる「神田川」。女性目線で描かれているが、男女問わず共感を呼んで大ヒット。聴けば“青春時代”に引き返される人も多いだろう。大杉もその一人。「当時、ぼくは東京・吉祥寺のアパートである女性(妻)と暮らしはじめました。演劇の世界に足を踏み入れ、俳優を志した時代でもありました。もちろん経済的には恵まれていなかったのですが、俳優になろうとした夢は、“生きるチカラ”だったのかも知れません」。

 今回のドラマで大杉が演じるのは、仕事一筋で生きてきた元会社員。定年退職を迎え、張り合いのない毎日に居心地の悪さを感じていた根岸和雄(大杉)は、派遣で働きながら自主映画製作を続ける息子・賢太郎から連絡を受け、賢太郎のアパートへ。そこで同棲相手の森川すみれ(前田亜季)を紹介され言葉を失う。すみれは和雄が大学時代に付き合っていた恋人・平松塔子(前田)に瓜二つだった。時を超えてリンクするすみれと塔子。和雄はある想いからすみれを守ろうとする。

 大杉は「今から43 年前の作品です。それをモチーフとしたドラマですが、決して懐古的なものではありません。むしろ“今を描いた”ものになっています。生きていくという普遍的なテーマは、若者だけではなく老いゆく者にもあるのです。ドラマ『神田川』は、ささやかな人生の新たな一歩を踏み出した者たちが、再生する姿を描いています」と説明。

 「多少の大袈裟を許していただけるなら、俳優として“出会うべき作品”だったと感じています。根岸和雄は、ぼく自身の“昭和”を投影した人物でもあるのです」と話している。

 同番組では、もう一本、松田聖子の代表曲「赤いスイートピー」をモチーフにしたドラマを浅野温子桜庭ななみらの出演で放送する。



関連写真

  • 『BSジャパン開局15 周年特別企画 ドラマスペシャル 青春の名曲ストーリー 赤いスイートピー 神田川』第二話「神田川」に出演する大杉漣と前田亜季(C)BSジャパン
  • 今回は老眼鏡以外、眼鏡なし!「珍しいことであると同時に新鮮でもありました」と大杉漣(C)BSジャパン
  • 前田亜季の一人二役も見どころ(C)BSジャパン
  • 『BSジャパン開局15 周年特別企画 ドラマスペシャル 青春の名曲ストーリー 赤いスイートピー 神田川』第二話「神田川」に出演する大杉漣と前田亜季(C)BSジャパン
  • 『BSジャパン開局15 周年特別企画 ドラマスペシャル 青春の名曲ストーリー 赤いスイートピー 神田川』第二話「神田川」根岸和雄役の大杉漣(C)BSジャパン
  • 『BSジャパン開局15 周年特別企画 ドラマスペシャル 青春の名曲ストーリー 赤いスイートピー 神田川』第二話「神田川」森川すみれと塔子の一人二役を演じる前田亜季(C)BSジャパン

オリコントピックス