• ホーム
  • 芸能
  • 西川忠志、父・きよしの浮気歴を暴露 主演歌劇の「役作りに活かします」

西川忠志、父・きよしの浮気歴を暴露 主演歌劇の「役作りに活かします」

 吉本新喜劇座員の西川忠志が2日、都内で行われた歌劇『蝶子と吉治郎の家』、喜劇『春の祭典』の囲み会見に出席。父でタレントの西川きよし(69)が先日、前立腺腫瘍の治療を終え、仕事復帰。報道陣から近況を聞かれ「ロケも始まっておりますし、きょうからNGKの舞台にも出る。今はパットをしている所もあるけど、あと2、3ヶ月したらもう何も心配することはないと先生からもお墨付きをいただいてる」と明かした。

【写真】その他の写真を見る


 『蝶子と〜』に出演する西川は「浮気癖、借金癖」のあるボンボンを演じる。昨今の芸能界では“浮気”の二文字が飛び交っており、話題があがると「ほかのお宅のことはわからないですけど…」と切り出し「父が浮気しているのを家族で見て、母に怒られているところも実際に見てきた」と暴露して驚かせた。

 続けて「向こうの家にタクシーでついていき、母が二人を別れさせた」と事の顛末を語った西川は「家庭で勉強したので、役作りに活かします」と冗談交じりに意気込んで、笑いを誘っていた。

 会見にはそのほか、紫とも、小松政夫石倉三郎が出席。『蝶子と〜』、『春の祭典』の2部構成となる同公演は、3月4日から6日まで、東京・三越劇場で上演される。



関連写真

  • 父・きよしの浮気歴を暴露した西川忠志 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『蝶子と吉治郎の家』『春の祭典』の囲み会見に出席した(左から)石倉三郎、小松政夫、西川忠志、紫とも (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『蝶子と吉治郎の家』『春の祭典』の囲み会見に出席した(左から)石倉三郎、小松政夫 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『蝶子と吉治郎の家』『春の祭典』の囲み会見に出席した紫とも (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス