• ホーム
  • 映画
  • 【オリコン】昨年興収1位『ジュラシック・ワールド』、シリーズ初のBD総合1位

【オリコン】昨年興収1位『ジュラシック・ワールド』、シリーズ初のBD総合1位

 人気SF映画『ジュラシック・パーク』シリーズ第4弾のBlu-ray Disc(以下BD)『ジュラシック・ワールド ブルーレイ&DVDセット』(2月24日発売)が初週6.2万枚を売り上げ、3/7付オリコン週間BDランキングで総合1位に初登場した。

 同シリーズのBDランキング過去最高位は、『ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー』(2011年10月発売)の総合4位で、首位は初。DVDも含めた総合首位獲得は、『ジュラシック・パークIII コレクターズ・エディション』(02年2月発売)以来14年ぶりとなった。

 同時発売の『ジュラシック・ワールド3D ブルーレイ&DVDセット(ボーナスDVD付)』はBD総合6位(映画部門2位)、さらに『ジュラシック・パーク ブルーレイ コンプリートボックス(初回生産限定)』が同13位(同部門3位)となり、映画部門TOP3は同シリーズ3作が独占した。

 本作は、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務め、2015年の年間映画興行ランキングで95億円を記録し、堂々の1位に輝いた『ジュラシック・パーク』シリーズ第4弾。遺伝子組み換え操作で創り出された新種の恐竜“インドミナス・レックス”のほか、1作目から登場していたティラノサウルス・レックスやヴェロキラプトルもさらに進化し、さまざまな恐竜たちの大迫力の物語が繰り広げられる。


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


オリコントピックス