• ホーム
  • 芸能
  • 戸次重幸、大人の“道楽”ドラマに主演 『孤独のグルメ』スタッフが集結

戸次重幸、大人の“道楽”ドラマに主演 『孤独のグルメ』スタッフが集結

 人気演劇ユニット・TEAM NACS戸次重幸が、テレビ東京系土曜深夜の新たな連続ドラマ枠・土曜ドラマ24の第1弾『昼のセント酒』(4月9日スタート、深0:20)に主演することが1日、わかった。同局の人気シリーズ『孤独のグルメ』の原作者・久住昌之氏のエッセイを原案に、背徳感を感じながらも平日の昼間から銭湯で体を流して、明るいうちから一杯飲むという大人ならではの道楽を描く。“なるべくタオルで前を隠さない”入浴シーンも見所だという戸次は「週に1回必ずお尻を出すというのは、役者人生で初めての経験なので挑戦だなと思っています」と意気込んでいる。

 作品の舞台は、東京都内を中心とした実在する銭湯と、実在する肴の美味い飲み屋。『孤独のグルメ』の制作チームが足を使って店を調べた店が登場する。

 戸次が演じるのは、広告会社の営業マンだが、営業成績は最下位の内海孝之。唯一の楽しみは、仕事をさぼって平日の昼から銭湯に入り、その後、渇いたのどにビールを流し込むこと。勤務時間中という後ろめたい気持ちもありながら、銭湯を見つけると、その誘惑には抗えない。今日も会社に言い訳の電話をすると、意気揚々と銭湯の門をくぐる。

 そのほか、内海の上司・堂園翔子役に八木亜希子、同僚でNo1営業マン・大西大輔役に柄本時生、庶務のOL・遠藤早苗役に廣田あいか私立恵比寿中学)らがレギュラー出演し、毎回ゲスト出演者が登場予定。

 戸次は「『銭湯に入ってビール飲んで』って、それ、ドラマになるの?と思ったのですが、普段銭湯に行かない人が銭湯に行くと、想像もしなかった魅力を発見できるんです」といい、「過剰な期待はせず、次の日は日曜日なので暇つぶしだと思ってゆるーい気持ちで見てください(笑)。そして、良ければ、次の日銭湯に行ってもらえれば」とアピール。

 「監督のこだわりで、なるべくタオルで前を隠さない、っていうのも見どころの一つです。ポロリしないように上手く角度や小道具で隠しているのですが、毎回現場でモニターを見て爆笑しています。果たして戸次のポロリはあるのか(笑)」と撮影を楽しんでいる。

 『孤独のグルメ』では主演の松重豊の食べっぷりも話題になったが、同じく注目を集めそうなシーンが登場する。プロデューサーの渡邉一仁氏は、「ドラマでは毎回、内海にとって“至福の瞬間”が訪れます。その時、内海はどうなるのか?内海の“至福の瞬間”にぜひご注目ください。また、都内では年々数が減ってしまっている銭湯ですが、そこには今もどこか懐かしい情景が残っています。そんなノスタルジックな雰囲気も楽しんでいただけたらと思います。そして、お酒が飲める方は、ドラマをご覧いただくと絶対にビールが飲みたくなると思います!」と予告している。



関連写真

  • 連続ドラマ『昼のセント酒』に主演する戸次重幸 (C)テレビ東京
  • 久住昌之氏のエッセイ『昼のセント酒』

オリコントピックス