• ホーム
  • 芸能
  • 『進撃の巨人』荒木監督の新作、ノイタミナで4・7スタート

『進撃の巨人』荒木監督の新作、ノイタミナで4・7スタート

 社会現象にもなったアニメ『進撃の巨人』の荒木哲郎監督とWIT STUDIOが再びタッグを組んだ新作オリジナルアニメ『甲鉄城のカバネリ』が、4月7日よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかで放送開始される。初回は深夜0時25分、2話以降は毎週木曜、深夜0時55分。

 世界中に産業革命の波が押し寄せ、近世から近代に移り変わろうとした時代、極東の島国である日ノ本(ひのもと)を舞台に、不死の怪物・カバネと、人間の生き残りをかけた戦いを描くスチームパンク・サバイヴ・アクション。

 テレビアニメに先駆け、全国10館で劇場公開される特別先行版『甲鉄城のカバネリ 序章』(3月18日より1週間限定上映)の入場者特典として数量限定で配布される、江原康之氏描き下ろしイラスト入りミニ色紙のデザインも発表された。

 今月19日から東京・台場のアクアシティお台場メディアージュで『荒木哲郎 WORKS PRODUCTION NOTES展』(4月17日まで)も開催。『DEATH NOTE』『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』『ギルティクラウン』『進撃の巨人』『甲鉄城のカバネリ』といった荒木監督が手がけた作品の原画などの中間制作物の展示や、特設ショップでのオリジナルグッズの販売などを予定している。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 荒木哲郎監督×WIT STUDIOによる新作オリジナルアニメ『甲鉄城のカバネリ』4月7日よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかで放送開始(C)カバネリ製作委員会
  • 特別先行版『甲鉄城のカバネリ 序章』 来場者特典(全国10館にて1週間限定劇場上映)(C)カバネリ製作委員会

オリコントピックス