• ホーム
  • 芸能
  • 酒井若菜、膠原病との闘病を報告「前向きに捉えている」 公表後初の公の場

酒井若菜、膠原病との闘病を報告「前向きに捉えている」 公表後初の公の場

 女優で作家としても活動する酒井若菜(35)が3月1日、都内で対談&エッセイ本『酒井若菜と8人の男たち』(キノブックス)発売記念トークイベントを行った。2月に膠原(こうげん)病の闘病していると告白したことが話題になったが「(体調は)大丈夫です」と笑顔で報告し、「診断されたときはショックだったけれど、前向きに捉えている。こんな形でバレてしまったけれど、病気を知るきっかけ、励みになれば」と明るく話した。

【写真】その他の写真を見る


 膠原病とは、全身の血管や皮膚、筋肉、関節などに炎症が見られる病気の総称。酒井は同書について「病気の告白本ではない」と改めて強調し、「病気を隠しても良かったけれど、(対談した)皆さんがさらけ出してくれたので、私だけ隠すのは卑怯」と公表した理由を説明した。

 症状については「10代から膠原病になっていたけれど、昨年冬から春にかけて症状が重くなって手がしんどかった。でも、そのとき連ドラ2本掛け持ちしていたので、なんとかなる」と笑い飛ばしたが、「台本に『立ち上がる』って書いてあるのにできない。この仕事をしていく上でどうなんだろうって考えた」と葛藤も告白。スタッフらの支えで乗り切れたようで、「現場の皆さんが温かかった」と感謝していた。

 同書は、芸能界で親交のある板尾創路岡村隆史佐藤隆太水道橋博士日村勇紀マギー山口隆サンボマスター)、ユースケ・サンタマリアら総勢8人の男たちとの対談をまとめたエッセイ。トークイベントは、編集者の九龍ジョー氏、てれびのスキマ(TVウォッチャー)も同席した。



関連写真

  • 膠原(こうげん)病告白後、発の公の場に登場した酒井若菜 (C)ORICON NewS inc.
  • 対談&エッセイ本『酒井若菜と8人の男たち』(キノブックス)発売記念トークイベントを行った酒井若菜 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス