• ホーム
  • 芸能
  • とにかく明るい安村が背水の陣 『R-1』決勝は裸ネタ封印

とにかく明るい安村が背水の陣 『R-1』決勝は裸ネタ封印

 とにかく明るい安村(33)が2月29日、ひとり芸日本一を決める『R-1ぐらんぷり2016』に2年連続で決勝進出を決め、都内ホテルで行われた発表会見に出席。他のメンバー同様しっかり正装で登場し「裸のネタを封印する。やらないです」と宣言して退路を断った。

【写真】その他の写真を見る


 決勝へと駒を進めたのはシャンプーハットこいで(40)、横澤夏子(25)、おいでやす小田(37)、ゆりやんレトリィバァ(25)、厚切りジェイソン(29)、ハリウッドザコシショウ(42)、小島よしお(35)、エハラマサヒロ(33)の9名。

 強豪揃いのメンバーのなかで、エハラ、小島らは“要注意人物”として安村を挙げてマーク。昨年末は『NHK紅白歌合戦』にも企画出演するなど、頭ひとつ飛び抜けた知名度を誇る安村をけん制した。

 勝負の2年目に突入した安村は「前までは子どもの人気があってファンレターが来てたけど、最近は減ってきてる。この間も小学5年生の子から手紙が来て『この手紙が届く頃には好きではありません』と書いてあった」と徐々に危機感を募らせている様子。準決勝では、高校野球ネタを披露しており「新しい一面を見せて頑張りたいと思います」と気合十分に語った。

 この日は本番のネタ順抽選も行われ、Aブロックのトップバッターにエハラ、小島、こいで、Bブロックにザコシショウ、小田、横澤、Cブロックに厚切り、ゆりやん、安村が決定した。

 決勝は、ファイナリスト9名のほか、当日生放送で発表される「復活ステージ」通過者3名が加わった12名による変則トーナメント方式。持ち時間3分で行われ、4人ずつが3ブロックに分かれて各ブロックの勝者を選出。勝ち上がった3人で賞金500万円を賭けた最終決戦を行う。

 司会は13年連続で雨上がり決死隊加藤綾子アナウンサー。審査員は関根勤間寛平清水ミチコらが務める。決勝は3月6日、関西テレビ・フジテレビ系列で午後7時より生放送され、優勝者は副賞として全国ネットで冠番組を後日放送する。



関連写真

  • とにかく明るい安村 (C)ORICON NewS inc.
  • 『R-1ぐらんぷり2016』決勝進出者が決定 (C)ORICON NewS inc.
  • 組み分けは…(左から)エハラマサヒロ、小島よしお、シャンプーハットこいで、ハリウッドザコシショウ、おいでやす小田、横澤夏子、厚切りジェイソン、ゆりやんレトリィバァ、とにかく明るい安村 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス