• ホーム
  • 芸能
  • 葵わかな、“脱・少女”オトナ顔のカレンダー発売

葵わかな、“脱・少女”オトナ顔のカレンダー発売

 女優の葵わかな(17)が自身3作目となる『オフィシャルカレンダー2016.4→2017.3』を3月30日に発売する。一昨年、昨年のカレンダーは、トレードマークとも言える制服に身を包み“現役女子高生”らしいフレッシュ、キュートな仕上がりだったが、今作はこれまでとは一変して“和”のシチュエーションをテーマに、「これまでの私とは違った表情を見て楽しんでもらえたらうれしい」と仕上がりに自信を見せている。

 「日本的で渋いものが好き」だという葵自身の要望もあり、昭和レトロを感じさせる東京・下町の商店街、駄菓子屋、銭湯などで撮影を敢行した。一番のお気に入りは「駄菓子がすごく好きなので、駄菓子屋のシチュエーションはわくわくしました」と葵。

 脱・少女”を意識したオトナ顔から10代の現役女子高生らしい無邪気さあふれる表情まで、オトナの階段を昇っていく“いま”を切り取った内容。「初回限定版」と「通常版」で異なる表紙でも全く違った表情を見せている。葵は「制服を着た学生というイメージの私とは違った雰囲気になっていると思います」とアピールしている。

 葵は、小学5年生のときに東京・原宿でスカウトされて、芸能界入り。2009年に「霧島の天然水」CMでデビュー。放送中のドラマ『マネーの天使〜あなたのお金、取り戻します!』(読売テレビ・日本テレビ系)にレギュラー出演、3月23日・30日にBS朝日で放送予定のドラマ『女優堕ち』では初主演を務める。

 4月2日には東京・パルコブックセンター渋谷店で発売記念イベントを行う予定。

■カレンダー特設ページ
http://www.stardustpictures.co.jp/book/2016/wakana2016.html



関連写真

  • 『葵わかな オフィシャルカレンダー2016.4→2017.3』(3月30日発売)上が初回限定版、下が通常版の表紙
  • 駄菓子屋で撮影したお気に入りの一枚(※画像はイメージ。実際の商品とは異なる場合があります)
  • 昭和レトロなシチュエーションで撮影(※画像はイメージ。実際の商品とは異なる場合があります)

オリコントピックス