• ホーム
  • 芸能
  • 北川景子、和装で古きよき松本清張の世界を体現「勉強になりました」

北川景子、和装で古きよき松本清張の世界を体現「勉強になりました」

 女優の北川景子が主演するテレビ朝日系『黒い樹海』(3月13日 後9:00)の劇中写真が公開され、北川が着物姿を披露していることがわかった。本作で、松本清張作品に初挑戦した北川は、和装で古きよき松本清張の世界を体現。このたびクランクアップを迎え、「とにかく難しかった、という印象です」と撮影を振り返った。

 「松本清張二夜連続ドラマスペシャル」として、田村正和主演の『地方紙を買う女』(3月12日 後9:00)と本作の旅情ミステリー2作品が放送される。

 『黒い樹海』は、姉の事故死に疑念を抱いた主人公・祥子(北川)が、魑魅魍魎(ちみもうりょう)の如くうごめく“怪しき人物たち”に翻弄されながらも、姉の死の真相を求め、孤独な調査を進めていくストーリー。

 本作で北川が特に難しさを感じたのは、初体験となった“静の芝居”。「こんなにも静かで、大きなものを背負った役は初めて。いろんな思いを細かい表情で伝えるお芝居は難しく、相当悩みました。“静のお芝居”とはどんなものか、難しさも含めて初体感することができ、とても勉強になりました」。

 全力で悩み、全力でぶつかり、その先に一筋の光を見出していく――『黒い樹海』のヒロイン・祥子にもどこか通じるところがある。「悩みながら演じた分、完成作品を見るのが楽しみです」と北川。早くもその目は将来にも向いているようで、「もしまた清張作品に参加できるなら、今回の経験を生かしたいと思います」と、目を輝かせていた。



関連写真

  • 初めて松本清張作品に挑んだ北川景子(C)テレビ朝日
  • その中で北川景子が感じた“難しさ”とは!?(C)テレビ朝日
  • 松本清張2夜連続ドラマスペシャル放送決定。『地方紙を買う女〜作家・杉本隆治の推理』(3月12日放送)と『黒い樹海』(3月13日放送)のイメージカット(C)テレビ朝日

オリコントピックス