• ホーム
  • 映画
  • 寺島しのぶ、セクシー演技のカットに嘆く「秀逸だったのに…」

寺島しのぶ、セクシー演技のカットに嘆く「秀逸だったのに…」

 イラストレーターでタレントのリリー・フランキー、女優の寺島しのぶ橋本愛らが27日、都内で行われた映画『シェル・コレクター』の初日舞台あいさつに出席した。

 同作は、作家アンソニー・ドーア氏の短編集の一編を基にしたヒューマンドラマ。沖縄の離島に一人で暮らす盲目の貝類学者と奇病を患った女性画家の交流を描く。

 キャスト陣が「前衛的な作品」と口々に話すほど“攻めた”撮影を敢行し、リリーは「寺島さんのものすごい(セクシーな)シーンがあったのにカットになった」と暴露。寺島も「秀逸だったのにね」と残念がり、観客に向けてリリーが「皆さんにはあとでダビングしてお渡ししますね」とジョークを交えて、劇場を沸かせた。

 橋本も「私のところも結構(カットが)ありますね」と切り出し「一人で船を動かしたり、超人的なシーンもあったけど、いい感じフワッとしてる形で落ち着いた」と告白。リリーも「撮影ではおかしいと言っていたけど、今となっては、どうせデタラメな内容なんだから全部入れちゃえばよかったのにね」と笑っていた。

 舞台あいさつにはそのほか、池松壮亮坪田義史監督が出席した。



関連写真

  • 寺島しのぶ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『シェル・コレクター』の初日舞台あいさつ(左から)池松壮亮、橋本愛、リリー・フランキー、寺島しのぶ、坪田義史監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス