• ホーム
  • 映画
  • バナナマン&佐藤栞里の声がお披露目 『ペット』日本語吹き替え版予告編が公開

バナナマン&佐藤栞里の声がお披露目 『ペット』日本語吹き替え版予告編が公開

 アニメーション映画『ペット』(8月11日公開)の日本語吹き替え版予告が26日、解禁され、アニメ吹き替え初主演を飾るお笑いコンビ・バナナマン、初声優となるモデルの佐藤栞里らの声がお披露目された。

【写真】その他の写真を見る


 飼い主が留守にしている時、ペットたちは一体どんなことをしているのだろう。誰もが一度は考えたことがあるペットたちの裏側の日常を、ミニオンを生み出したユニバーサル・スタジオとイルミネーションがユーモラスに描きだす。

 バナナマンの設楽統がテリア混ざりの雑種犬マックス役を、日村勇紀が保健所から救出されたずんぐりむっくりしたのろまな犬・デューク役を担当。2人ともどこか似ているキャラクターを演じている。

 佐藤は、マックスの飼い主で思いやりに溢れたケイティ役。そのほか、元気でかわいいポメラニアン・ギジェット役に『ルパン三世』峰不二子役で知られる沢城みゆき、街の事ならなんでも知っているバセットハウンドの老犬・ポップス役に銀河万丈、態度の大きな野良猫スフィンクス・オゾン役を山寺宏一が担当。

 『ドラゴンボールZ』フリーザ役の中尾隆聖は、「オレ様最強!」と高笑いを響かせるなど、見た目と性格にギャップがあるウサギ・スノーボール役で参加。人間に捨てられたペット集団のリーダーで、実は密かに恐ろしい計画を企てており、マックスとデュークの冒険に関わる重要なキャラクターとして登場する。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • バナナマンが声優として参加するアニメーション映画『ペット』の日本語吹き替え版予告が公開 (C)Universal Studios. 
  • アニメーション映画『ペット』の日本語吹き替え版に参加する佐藤栞里(C)Universal Studios. 
  • (左から)中尾隆聖、沢城みゆき、銀河万丈(C)Universal Studios. 
  • アニメーション映画『ペット』(C)Universal Studios. 

オリコントピックス